「アジアのベストバー50」に5年連続ランクインした香港の名店が東京に出現!?

「アジアのベストバー50」に5年連続ランクインした香港の名店が東京に出現!?

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2020/11/25

思うように旅行ができない昨今。今こそ“世界を旅するかのような体験”ができたら…。

東京・丸の内の「シャングリ・ラ ホテル 東京」では、「アジアのベストバー50」に2016年から2020年まで5年連続で選出されている、香港の『ロブスターバー&グリル』が体験できる期間限定イベントを11/28(土)まで開催中。

「シャングリ・ラ ホテル 東京」内のイタリアンレストラン『ピャチェーレ』内に再現されており、『ロブスターバー&グリル』で人気のカクテルやバーフードを東京にいながら愉しむ事ができる。

No image

『ロブスターバー&グリル』店内の様子

『ロブスターバー&グリル』は、「アイランド シャングリ・ラ 香港」に1991年3月にオープン。開業当初はフードメニューの多くに新鮮なロブスターを使用していたことから、その名が付けられている。

同店ではカクテルの歴史を辿るクラシックなメニューと、それらクラシックメニューを現代風にアレンジしたカクテルが大人気!

今回のポップアップバーでは、伝統的なカクテル3種類と『ロブスターバー&グリル』がアレンジを施した3種類のカクテルに加え、3種類のノンアルコールカクテル(モクテル)をご用意。

さらに、このイベントのために「シャングリ・ラ ホテル 東京」のバーテンダーがロブスターのうま味を活かしてつくるオリジナルカクテルを加えた計10種類のカクテルを提供しているほか、『ロブスターバー&グリル』のシグニチャーディッシュである「シーフードプラッター」や「ロブスタービスク」を含む14種類のバーフードも味わうことが可能だ。

バー文化が根付く香港の本格的なカクテルやバーフードとともに、秋の夜長に優雅なひとときを過ごしてみては?

気になるメニューの一部をご紹介!

※価格はすべて税・サ別

◆カクテルメニュー
※下記のほか、ノンアルコールカクテル3種類あり

No image

「フィッシュハウス パンチ」

価格:2,500円

アメリカ ペンシルベニア州スクールキルの“フィッシュハウス”として知られていたフィッシングクラブへのオマージュとして、1732年に作られたカクテル。

コニャックやラム、フレッシュレモンジュースなどでつくるカクテルは、フルーティーで爽快ながらも力強い味わいが特徴だ。

No image

「ロブスター ハウス パンチ」

価格:2,500円
※『ロブスターバー&グリル』の現代風アレンジ

バジル、ミント、ローズマリーやライムの葉で香りづけしたコニャックとラムを使うのが特徴の「フィッシュハウス パンチ」をアレンジしたカクテル。

ポートワインを加えることで色味が加わり、またタンニンとワインのフレーバーも楽しむ事ができる。複雑かつフルーティーな味わいとポートワインの余韻が楽しめる一杯。

No image

「処方薬ジュレップ」

価格:2,500円

1700年代に最も人気のあったドリンク“ジュレップ”。

ウィスキーやコニャック、ミントの葉で作るカクテルは、濃いウイスキーとコニャックの味、フルーティーかつミントのリフレッシングな風味が楽しめる。

No image

「ハングザイエティー」

価格:2,500円
※『ロブスターバー&グリル』の現代風アレンジ

2種類のウィスキーに、ラズベリーシュラブ、自家製トロピカルビターなどをミックスした“ジュレップ”をアレンジしたカクテル。スモーキーな味わいと濃いトロピカルな味、フルーツの余韻が特徴。

ハングザイエティー(hangxiety)とは、二日酔い(hangover)と不安(anxiety)の2つの言葉を組み合わせた造語なんだとか。

No image

「ブランデー クルスタ」

価格:2,500円

1850年代にニューオーリンズ出身のジョセフ・サンティーニという名のイタリア人バーテンダーによって開発されたカクテル。グラスのふちに砂糖をつけるシュガーリムが特徴。

コニャックやコアントロー、レモンジュースなどをミックスして作り、辛みとシトラス、そして甘みのバランスの良い味わい。

No image

「コーリング カード」

価格:2,500円
※『ロブスターバー&グリル』の現代風アレンジ

ブランデーにコアントローやマラスキーノ、柚子リキュールをミックスした「ブランデー クルスタ」を現代風にアレンジしたカクテル。フルーティーで甘くスパイシーな味わいが特徴。

No image

「ザ・ロブスター」

価格:2,500円
※「シャングリ・ラ ホテル 東京」オリジナルカクテル

メニューの多くに新鮮なロブスターを使用していたことからその名がついた『ロブスターバー&グリル』へのオマージュとして、「シャングリ・ラ ホテル 東京」のバーテンダーとシェフが考案したオリジナルカクテル。

カナダ産オマール海老からつくるシェフ特製のアメリケーヌに、紹興酒、ハーブのリキュール“アブサン”などを加え、スープのような濃厚な味わいと甘くスパイシーな余韻が楽しめるカクテルだ。

◆おすすめのフードメニュー

No image

「クラブ オン トースト」1,500円
ほんのり甘いブリオッシュを表面がカリカリになるよう揚げているのが特徴。その上にタラバ蟹の身やアボカドなどの具材が乗っていて、甘みと塩味のバランスが絶妙かつディルが香り、お酒にもぴったりの一品!

「テルミドール」4,000円
グリルしたプリプリのロブスターの身と、新じゃがいもやエシャロットのピクルス、マッシュルーム、モルネーグラタンソース (ロブスターの身、ベシャメルソース、パルメザンチーズを合わせたもの)を焼き上げた一品。ほくほくとしたじゃがいもにクリーミーなグラタンソース、チーズとロブスターの香りが一体となっていて、寒い季節にもぴったり!

「ビーフ ウェリントン」6,000円
ビーフテンダーロイン、ほうれん草とマッシュルームのソテー、生ハムをパイ生地で包んで焼き上げた食べ応えのある一品。パイ生地で包んでからオーブンで火を入れているため、テンダーロインは柔らかくしっとりとした焼き上がり。赤ワインとマスタードの特製ソースをかければ、ほど良い酸味と味に深みが生まれる。

No image

「ビスク」2,700円
ロブスターの殻にフェンネルやオニオン、トマト、ニンニク、リーキ、生クリームや少量のブランデーをあわせ、ロブスターはもちろん野菜の旨味も引き出し、ブレンダーにかけて濾したこだわりのスープ。海老の濃厚な旨味とほんのりと香る野菜の風味が相性抜群!

「アーティチョークサラダ」2,700円
フレッシュとローストした2種のアーティチョークを使用したサラダ。少しの苦味のあるエンダイブの一種フリゼレタスやパルマハムを加え、魚醤とオイスターソース、マヨネーズを合わせたソースで頂く。仕上げにトッピングする黒トリュフが香る贅沢な一品だ。

No image

■イベント概要

イベント名:ロブスターバー&グリル ポップアップバー
期間:11/28(土)まで
時間:18:00~23:00(L.O.22:30)
場所:イタリアンレストラン『ピャチェーレ』(千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 シャングリ・ラ ホテル 東京 28F)

【ご予約・問い合わせ先】
イタリアンレストラン『ピャチェーレ』
TEL:03-6739-7898
Email:piacere.slty@shangri-la.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加