裁判記録廃棄問題受け初会合 最高裁「率直に反省」

裁判記録廃棄問題受け初会合 最高裁「率直に反省」

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

重大な事件の記録が相次いで廃棄されていた問題を受けて、最高裁が保存の在り方などを検討するために有識者から意見を聞く会議を初めて開きました。

有識者委員会には外部の弁護士や大学教授らが参加していて、最高裁の堀田事務総長は事件記録の保存について「適切に行うための仕組みが十分ではなかったと言わざるを得ず、率直に反省しなければならない」と述べました。

全国の裁判所では神戸連続児童殺傷事件など重大な少年事件の記録のほか、オウム真理教に対する解散命令請求の関連記録が廃棄されていたことも分かっています。

最高裁は、これまでの保存の在り方や運用が適切だったかどうかなどを検証します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加