メッシのアメリカ移籍説 インテル・マイアミ会長は楽観視「野望を叶えてくれる」

メッシのアメリカ移籍説 インテル・マイアミ会長は楽観視「野望を叶えてくれる」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/06/10
No image

浮上するメッシのアメリカ移籍噂

レオ・メッシの将来については、すべてがFCバルセロナでの契約延長に近づいているように見えるが、まだ完全には解決していない問題である。

現地SPORT(スポルト)の情報によれば、このような状況にもかかわらずアルゼンチン人は“いつかアメリカでプレーしたい”という願望を隠しておらず、バルサの契約更新時の提案の中にもその道を模索しているとのことだ。
選手として、またクラブのアンバサダーとしてFCバルセロナと10年契約を結び、そのうち2年は北米でプレーするというものである。

その意味で、デヴィッド・ベッカムとともにメジャーリーグサッカー(MLS)に所属するインテル・マイアミのオーナーの一人であるホルヘ・マスは、先日、『Miami Herald』紙のインタビューで、将来的にフロリダでレオを見ることができることを「楽観的」に語っている。

「デヴィッド(ベッカム)と私は非常に熱心に仕事をしてきた。私たちは最高の選手をここに連れてくることを熱望しており、レオ・メッシは世代を超えた才能を持つ選手であり、間違いなく史上最高の選手である」と、ホルヘ・マスはアルゼンチン人選手について語り始めた。

「メッシがインテル・マイアミのシャツを着てプレーすることを楽観的に考えているよ。なぜなら、メッシがワールドクラスのチームを作るというインテル・マイアミの野望を叶えてくれると信じているからだ」

インテル・マイアミの会長はこのように語るも、SPORTの情報筋によれば、メッシの口調はすぐにではなく、数シーズン先になるかもしれないことを示唆していたという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加