ミシュランの最新ハイグリップスポーツタイヤ「パイロット スポーツ 5」

ミシュランの最新ハイグリップスポーツタイヤ「パイロット スポーツ 5」

  • Car Watch
  • 更新日:2022/08/05
No image

ミシュランの最新ハイグリップスポーツタイヤ「パイロット スポーツ 5」

「意のままのハンドリングを実現するハイグリップスポーツタイヤ」、パイロット スポーツ 5

ミシュランの乗用車用タイヤであるパイロット スポーツシリーズに、「パイロット スポーツ 5(PILOT SPORT 5)」という新製品が登場した。このタイヤの上位モデルには「4S」「CUP2 CONNECT」、そして「CUP2 R」というサーキットにも対応するモデルが存在するが、パイロット スポーツ 5がターゲットとするのはあくまでストリートとのこと。だが、ミシュラン曰く「意のままのハンドリングを実現するハイグリップスポーツタイヤ」とのことだから、走りには相当に自信がありそうだ。

パイロット スポーツ 5の第一のアピールポイントはウエット性能だという。旧製品となる「パイロット スポーツ 4」よりもシリカを増量。さらにイン側はウエット重視、アウト側はドライ重視とした左右非対称パターンとなっていることがうかがえる。旧製品と比較すると、最もイン側のストレートグルーブから、外へ向けての溝が貫通するようになっており、そこで排水性を稼いでいるように感じられる。

No image

パイロット スポーツ 5のトレッドパターン。サイドウォールのデザインも高品質感のあるもの

No image

右がアウトで、左がイン側。イン側では排水性を考慮した太めのリブを配し、アウト側では高剛性ブロックを配しているのが分かる

一方でアウト側のショルダー部はこれまでどおりに頼りがいのある大き目のブロックを備えており、サーキットを意識していないとはいえ、ハイグリップスポーツタイヤを名乗るに相応しい顔つきに思える。

内部構造についてはダイナミック・レスポンス テクノロジーを採用したことが新しいとのこと。高強度で耐熱安定性に優れたハイブリッドアラミドとナイロンベルトを採用したそれは、意のままのハンドリングを実現するという。また、コーナーリング時における接地圧分布をより均一にするようにしたバリアブル・コンタクト・パッチ3.0を採用したところもパイロット スポーツ 5の特徴の1つだ。

これらの対策によって、ウエットハンドリング路のラップタイムを1.7%短縮。平均ラップタイムも1.5%短縮。低燃費タイヤのグレーディングは42サイズで転がり抵抗A(5段階中上から3つ目)、ウエット性能a(4段階中最高ランク)を達成。1サイズでは転がり抵抗B(5段階中4つ目)、ウエット性能はa(4段階中最高ランク)を獲得している。

バランスのよいパイロット スポーツ 4を超える性能を持つパイロット スポーツ 5

No image

パイロット スポーツ 5では、コンフォート性能を犠牲にせずに高いスポーツ性能を実現

まずは旧製品となるパイロット スポーツ 4を再確認すると、乗り心地と走りのバランスがとにかく優れており、正直に言えばコレといった不満がない。微小操舵角から大舵角まで一定したリニアな応答が楽しめる感覚は、いかにもミシュランといったバランスのよいものに感じられた。

滑り出しの動きが穏やかであり、実にコントローラブルなところもうれしい。極端なハイグリップというわけではないが、ドライバーにきちんとしたインフォメーションを促すという意味では、かなりの好感触だったのだ。この絶妙なバランスを超えるのは難しいのではないか? 新製品を乗る前に不安が募るくらいである。

パイロット スポーツ 5に乗り換えてパーキングからスタートすると、まず驚いたのが軽快さだった。クルマが小さく感じるような応答性があり、ゆっくりと走っていても爽快だ。ウエットハンドリング路に突入して元気に走らせてみると、旧製品より明らかに操舵角が小さく旋回できていることを感じる。タイヤが必要以上に倒れ込まず、そこからの復帰も素早いために、結果としてペースが高まって行くのだ。キビキビ感はかなりのものだ。けれども、初期応答だけ向上しているわけではなく、大舵角まで一定したフィーリングが得られるところはミシュランらしさをハズしてはいない。また、ストッピングパワーについても向上している感覚があり、確実にさっきよりも手前で減速しきれている。滑り出しが穏やかなところも相変わらずといった感覚だ。

No image

ウェットグリップ性能は高い

こうなると、コンフォート性能が損なわれるような気もしてくるが、高速周回路にあるうねりでダンピング性能を比較すれば、コチラは一発で収束するタイプ。旧製品は、アタリは柔らかいが、やや一発で入力を収められている感覚ではない。目先の柔らかさであれば旧製品だろうが、トータルしたフラット感などはやはり新型に軍配が上がる。後に高速レーンチェンジも試したが、そこでも小舵角で駆け抜けることを可能としたことは伺えた。ここまでスポーティな立ち振る舞いをしているにも関わらず、静粛性について損なわれている感覚もない。

ハイグリップスポーツタイヤといえば、目先の応答性やピークのグリップ、さらにはラップタイムばかりが注視されがちだが、パイロット スポーツ 5はあくまでトータルバランスでよさを発揮しようということが伝わるタイヤだった。それがあらゆるシーンで伝わってくるあたりは、さすがストリートを意識しただけのことはある。すべてにおいて、質の高いスポーツドライビングを提供してくれる、それがパイロット スポーツ 5なのだろう。

No image

橋本洋平

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加