のり面崩落し住宅手前まで...周辺では停電も 山口

のり面崩落し住宅手前まで...周辺では停電も 山口

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

停滞する秋雨前線の影響で土砂崩れが起きました。

警察によりますと、15日午前3時40分ごろ、山口県萩市の県道で法面が崩れているのが見つかりました。

法面は幅30メートル、高さ10メートルにわたって崩れていて、土砂は住宅の一歩手前にまで迫りました。けが人はいませんでした。

近くに住む人:「ダーッと大きな音を立てて崩れた」

土砂と一緒に電柱も倒れて周辺では一時、約260戸が停電しましたが、午前11時すぎに復旧しました。

萩市では14日午後8時55分までの1時間に20.5ミリの強い雨が降っていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加