第43回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会の競技初日が終了、男子の試合結果

第43回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会の競技初日が終了、男子の試合結果

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/11/26
No image

公益財団法人日本テニス協会(JTA)が主催する「JOCジュニアオリンピックカップ第43回全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会」(11月24~27日/兵庫県三木市・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)が開幕し、競技初日は1次リーグ(グループ内総当たり戦)の前半戦(各選手2試合)が行われた。

男子の試合では第2シードの中西康輔(岡山理科大学付属高)、第3シードの薦田直哉(新田高)、第4シードの原﨑朝陽(ノア・テニスアカデミー神戸垂水)、第8シードの神山宏正(TEAM YONEZAWA)の4人が2連勝を飾った。

この大会は男女各16人(全国選抜個人戦、全日本ジュニアU18&U16、インターハイ個人戦シングルス優勝・準優勝者および全国9地域のテニス協会から選出された選手など)で争われる18歳以下のジュニア全国大会で、1組4人の1次リーグ(グループ内総当たり戦)で組内の順位を決めたあとに順位別のトーナメントを行い優勝者を決定する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

競技初日◎試合結果|男子

1次リーグ|男子

グループA

○1髙妻蘭丸(大分舞鶴高)[1] 4-6 6-2 6-3 ●2小柳遥人(ambitious court)

●3五十嵐涼太(仙台育英学園高)5-7 6-2 1-6 ○4神山宏正(TEAM YONEZAWA)[8]

-----

●1髙妻蘭丸(大分舞鶴高)[1] 0-6 2-6 ○3五十嵐涼太(仙台育英学園高)

●2小柳遥人(ambitious court)5-7 0-6 ○4神山宏正(TEAM YONEZAWA)[8]

グループB

○1中西康輔(岡山理科大学付属高)[2] 6-7(5) 6-2 6-2 ●2眞田将吾(四日市工業高)

●3篭田稜久(北陸高)4-6 2-6 ○4遊川大和(関西高)[5]

-----

○1中西康輔(岡山理科大学付属高)[2] 6-0 6-3 ●3篭田稜久(北陸高)

○2眞田将吾(四日市工業高)6-1 5-7 7-6(8) ●4遊川大和(関西高)[5]

グループC

○1薦田直哉(新田高)[3] 2-6 6-2 7-6(4) ●2楠波琉音(香川県立高松北高)

○3木村一翔(関西高)6-4 6-3 ●4橋本圭史(フミヤエース市川テニスアカデミー)[6]

-----

○1薦田直哉(新田高)[3] 4-6 6-1 6-2 ●3木村一翔(関西高)

●2楠波琉音(香川県立高松北高)6-7(5) 1-6 ○4橋本圭史(フミヤエース市川テニスアカデミー)[6]

グループD

○1原﨑朝陽(ノア・テニスアカデミー神戸垂水)[4] 7-5 6-2 ●2根門寿尚(光泉カトリック高)

○3武方駿哉(柳川高)6-3 6-2 ●4山本夏生(トップランAIOI)[7]

-----

○1原﨑朝陽(ノア・テニスアカデミー神戸垂水)[4] 6-2 6-0 ●33武方駿哉(柳川高)

●2根門寿尚(光泉カトリック高)6-7(4) 3-6 ○4山本夏生(トップランAIOI)[7]

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加