愛工大名電勢が3選手勝ち残る ベスト4は全選手サウスポーに<全日本卓球2023ジュニア男子単>

愛工大名電勢が3選手勝ち残る ベスト4は全選手サウスポーに<全日本卓球2023ジュニア男子単>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日~29日 場所:東京体育館>

25日、全日本卓球選手権大会は3日目を迎え、ジュニア男子シングルス準々決勝が行われた。

木塚陽斗(明豊高)以外8人中7人がサウスポーという戦いになったジュニア男子準々決勝では、松島輝空(木下アカデミー)、吉山和希(愛工大名電中)、坂井雄飛(愛工大名電高)、萩原啓至(愛工大名電高)の4選手が勝ち残った。

No image

写真:松島輝空(木下アカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

昨年準優勝で第1シードの松島は、野田学園の木方圭介と対戦。松島は安定した両ハンドでゲームカウント3-0で木方を下し、準決勝進出を決めた。

No image

写真:坂井雄飛(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

愛工大名電高vs野田学園高となった坂井雄飛(愛工大名電高)と芝拓人(野田学園高)、萩原啓至(愛工大名電高)と三木隼(野田学園高)の試合は、お互い譲らない打ち合いとなるも、安定感で勝った愛工大名電勢が2試合ともゲームカウント3-1で勝利を飾った。

No image

写真:木塚陽斗(明豊高)/撮影:ラリーズ編集部

準々決勝一番の激戦となった吉山和希(愛工大名電中)と木塚陽斗(明豊高)の試合は、カットと攻撃を織り交ぜる独特の戦型の木塚が先に2ゲームを先取する。中後陣からカットと引き返しのドライブを混ぜる木塚のペースにハマっていた吉山だったが、3ゲーム目を粘り取るとそこから接戦を制し、逆転勝利。準決勝へと駒を進めた。

No image

写真:吉山和希(愛工大名電中)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト4は松島、吉山、坂井、萩原と4選手ともが左腕となった。

ジュニア男子シングルス準々決勝結果

〇松島輝空(木下アカデミー)3-0 木方圭介(野田学園高)
11-3/11-7/11-7

〇吉山和希(愛工大名電中)3-2 木塚陽斗(明豊高)
8-11/9-11/12-10/11-7/11-9

〇坂井雄飛(愛工大名電高)3-1 芝拓人(野田学園高)
6-11/11-9/11-7/11-8

〇萩原啓至(愛工大名電高)3-1 三木隼(野田学園高)
11-5/9-11/11-7/11-9

ジュニア男子シングルス準決勝組み合わせ

松島輝空(木下アカデミー) – 吉山和希(愛工大名電中)
坂井雄飛(愛工大名電高) – 萩原啓至(愛工大名電高)

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加