高級感ある落ち着いたたたずまいが空間になじむプレミアム加湿器の実力とは?

高級感ある落ち着いたたたずまいが空間になじむプレミアム加湿器の実力とは?

  • VAGUE
  • 更新日:2021/10/14

スタイリッシュな限定モデル「STEM300 ブラックプレミアム」

カドーが展開する加湿器「STEM」シリーズの人気モデル「STEM300」をベースに、外装デザインを一新した限定モデル「STEM300 ブラックプレミアム」が登場した。

重厚感ある外装のみならず、置き場所を選ばないコンパクトサイズも魅力。床置きだけでなくテーブルやベッドサイドにも違和感なく溶け込んでくれる。

No image

カドーの加湿器「STEM300」をベースに、外装デザインを一新した限定モデル「STEM300 ブラックプレミアム」

【画像】プレミアムなルックスとマイクロミストで心地よい空間をつくり出すカドー「STEM300 ブラックプレミアム」の詳細を見る(6枚)

プレミアムな限定モデルのデザインについて、製造・販売を手がけるカドーの広報担当者はこう語る。

「ブラックで統一された『STEM300 ブラックプレミアム』は、落ち着いたたたずまいで高級感あふれる美しいフォルムを実現しました。また、タンクのフタにアルミ素材を採用したほか、その加工にもこだわりました。表面の光沢を抑え、マットな質感を表現できるヘアライン仕上げを採用し、さらに上質な雰囲気を追求しています」

●大容量でお手入れ簡単な上に静音性も抜群

ベースとなった「STEM300」は、「STEM」シリーズのなかでも人気のモデル。その理由は機能面にあると広報担当者は続ける。

「『STEM300』はコンパクトでありながら、カドーの加湿器のなかで最大のタンク容量を確保しています。従来の人気モデル『STEM620』から約50%も容量が増えた約3.5リッターの大容量なので、弱モード運転時には連続して約23時間もご使用いただけます。

加えて、本体上部の開口部が直径約20cmと大きく、給水しやすいのもポイント。タンク内には抗菌プレートを搭載していて、水道水を注ぐだけでカビや細菌を99.9%以上除菌します。

さらに、寝室での使用を想定して運転音を33dBに抑えるなど、静音性も重視しました。ナイトモードでは加湿量がひかえめで運転音が静かですし、タンク内の照明も消灯できるので快適な睡眠環境づくりもサポートします」

また「STEM300」は、内蔵LEDで湿度の可視化も実現。乾燥した状態から湿度が高くなると黄色から緑色に、適湿になると青色に変化する。LEDの照度は3段階に調整でき、書斎やベッドサイドなどの間接照明やデスクライトとしても利用できる。

●空間をより快適にするイオン水やフォレストウォーターに対応

ウイルスやニオイが気になるときは、別売りの高機能電解酸性イオン水「Purio(ピュリオ)」が効果的。これは、空間除菌のためにワンテンス社が特許を取得した電解技術とのコラボによって誕生したもので、カドーの加湿器専用として開発された。

「Purio」を原液、もしくは希釈してタンクに投入して使用すれば、ペットやタバコのニオイ、細菌・ウイルス・バクテリアなどの消臭・除菌に作用。6畳相当の空間で「STEM300」に使用した場合、わずか20分で浮遊菌を99.9%以上除菌するという。

また、リモートワークの合間にリフレッシュしたいときや、就寝前にリラックスしたいときには、「フォレストウォーター」(別売)がおすすめ。これは、大分県久恒山林のブランド・六月八日(ろくがつようか)と共同開発したオリジナルフレグランスウォーターで、季節を問わずにたのしめる香りは「Tender Leaf(テンダー リーフ)」と「Fresh Branch(フレッシュ ブランチ)」の2種類。おだやかな森の香りが広がり、心地よい空間づくりにひと役買ってくれる。

「STEM300 ブラックプレミアム」は、そのプレミアムなルックスはもちろんのこと、濃密に噴霧されるパワフルなマイクロミストで心地よく快適な空間をつくり出してくれそうだ。

●製品仕様
・価格:3万800円(消費税込)
・カラー:ブラックプレミアム
・適応床面積:18平方メートルまで(プレハブ洋室11畳)、11平方メートルまで(木造和室7畳)
・加湿量:約50ミリリットル/h(間欠)、約150ミリリットル/h(弱)、約300ミリリットル/h(強)、約400ミリリットル/h(急速)
・センサー:温度センサー、湿度センサー
・消費電力:7W(間欠)、18W(弱)、26W(強)、34W(急速)
・サイズ:直径約210×高さ約354mm
・重量:約3.6kg(タンク内の水は含まない)
・タンク容量:約3.5L
・ケーブル長:約2.0m
・付属品:電源コード、フィルターカートリッジ「CT-C300」など

VAGUE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加