ウクライナにスタジオを持つ4A Gamesが『メトロ』シリーズ次回作について報告―戦争で死者を出しながらも開発は継続

ウクライナにスタジオを持つ4A Gamesが『メトロ』シリーズ次回作について報告―戦争で死者を出しながらも開発は継続

  • Game Spark
  • 更新日:2023/01/28
No image

ウクライナにスタジオを持つ4A Gamesが『メトロ』シリーズ次回作について報告―戦争で死者を出しながらも開発は継続

もっと画像を見る

『メトロ』シリーズで知られるデベロッパー4A Gamesは、ロシアによるウクライナ侵攻の影響や現在進行中のプロジェクトなどについて説明するスタジオアップデートを公開しました。

『DEAD OR ALIVE』のキャラを無断で使った抱き枕カバーを販売目的で所持していた男性が書類送検―コエテクが報告

4A Gamesはマルタ共和国及びウクライナのキーウにスタジオを持つ国際企業です。2014年頃からウクライナ国内の情勢不安を理由にマルタへの本拠地移転を進めていましたが、チームにはウクライナ人も多く、そのほとんどはキーウのオフィスや市内の自宅で開発を続けている状況にあるとのこと。また、スタッフの中には爆撃で家を失った者や軍に入隊した者、更には命を落とした者も存在するとしており、戦争による影響は計り知れません。

しかし、このような逆境の中にあってもウクライナとスタッフの精神と決意は固いままであるとし、楽しみにしていることとして『メトロ』次回作に言及しています。シリーズを通して反戦的なメッセージを伝え続けてきた中で、実際に戦時下の暮らしを体験したことが次回作の物語についてもう一度考えるきっかけとなり、より良い方向へ変化しつつあるとのこと。『メトロ』のテーマであった対立や権力、政治、圧政、抑圧などが新しい日常になりつつある恐ろしい状況を受け入れて、新たな目的をもってそれらをゲーム内に織り込んでいると説明しました。

No image

また、もう1つのプロジェクトとして『メトロ エクソダス』のMod開発ツール「エクソダスSDK」も紹介。単純なModだけではなくスタンドアロンコンテンツも作成可能な完全なエディターで、既にPC版『メトロ エクソダス』の所有者向けに無料公開が行われています。詳細な利用方法や利用規約などは公式ドキュメント(リンク先英語)に記載されています。

No image
No image

4A Gamesスタジオアップデート全文は公式サイト(リンク先英語)で確認できます。

【期間限定無料】映画のようなADV『Adios』&俯瞰PvPvEシューター『Hell is Others』Epic Gamesストアにて配布開始

『War Thunder』redditの“お騒がせ投稿”に米装備品メーカーがコメント―「セキュリティ上の懸念点ではない」

Tango Gameworks新作リズムアクション『Hi-Fi RUSH』発表&Steam含むPC/Xboxにて本日1月26日発売!【XboxDeveloperDirect】

kamenoko

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加