【新潟ジャンプS予想】自分のペースで行けそうなケイティクレバーに期待/JRAレース展望

【新潟ジャンプS予想】自分のペースで行けそうなケイティクレバーに期待/JRAレース展望

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/08/01
No image

重賞初制覇を狙うケイティクレバー

1999年に創設された重賞競走で、競馬場のコース改修が終了した2001年から現行のコースで行われている(2000年は中山で開催)。難易度が高い障害は設けられていないものの、向正面の中ほどからスタートして、外回りコースと、内回りコースを使用して3250mに間に3回の3連続含む11個の障害が用意されている。スピードを落とさずに、リズム良く障害をクリアするセンスと脚力が求められる。

◎ケイティクレバーは、平地のオープン馬。3歳春には若駒Sに勝ち、すみれS2着。古馬になってからも準オープン特別を逃げ切っている脚力の持ち主だ。ハードル転向後、そのデビュー戦で勝利を収めるなど障害センスも持ち合わせている。前走の東京ジャンプSは人気馬を積極的に追いかけることでリズムを崩してしまった。今回のメンバーが相手なら自分のペースで走れるはずだ。本命に。

障害オープン3勝○ノワールギャルソンが相手筆頭だ。母レッドアゲートはフローラS優勝馬で自身も平地競走3勝馬。スピードがありすぎるので、飛越が低く安定しない面も見受けられるが、64キロを背負った前走は強かった。レースを引っ張る馬がいてくれた方がレースをしやすそうだ。

ディープインパクト産駒で平地4勝の▲フォイヤーヴェルクは、今回は障害4戦目。キャリアが浅い分まだ粗削りだが、学習能力が高い馬で、1戦毎に見違えるほどに成長している。新潟コースの経験もあり、逆転を狙う。

9歳になったとはいえ平地でも、障害でも重賞勝ちを記録している△メドウラークと、昨年の3着馬△アズマタックンを抑えておく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加