【今月号特選記事】低空飛行のファイターズ、生中継でBIGBOSS新庄剛志監督“専用”カメラ禁止の理由

【今月号特選記事】低空飛行のファイターズ、生中継でBIGBOSS新庄剛志監督“専用”カメラ禁止の理由

  • 財界さっぽろ ONLINE
  • 更新日:2022/05/15

「BIGBOSSが飽きられてきたのでは、という声も多い。球団やマスコミ関係者の間でも新庄効果が継続しているのかどうわからないというのが正直なところ」

今シーズンのプロ野球は、2月1日の春季キャンプスタートから“BIGBOSS”新庄剛志監督の話題で持ちきりだった。連日、スポーツニュースを席巻。BIGBOSSの一挙手一投足がお茶の間を席巻していた。

だが最近は事情通が冒頭の通り語るように、その勢いに陰りが見られている。

「キャンプのころなら新庄のニュースはどんな話題でもキー局が買ってくれて儲かった。だが開幕後、チームの戦績は超低空飛行。するとBIGBOSSは試合後の会見を“拒否”するようになり、広報を通じてコメントが出てくるだけ。これでは商売上がったりですよ。成績が上がらないのはプロ野球関係者だけでなく野球ファンなら大半が予想していたこと。ファイターズの選手たちには申し訳ないが、キー局は新庄にしか興味がない」(道内テレビ局関係者)

No image

BIGBOSSこと新庄剛志監督 ©財界さっぽろ

マスコミが選手よりBIGBOSSに注目してきた証左が、オープン戦から中継を担当する道内テレビ局が置いた「BIGBOSS専用カメラ」。シーズン開幕後しばらくはどの局も置いていたが、ある時期を境にぱったりとなくなった。マスコミ関係者は次のように説明する。

「実は球団から中止要請があったと聞いています。どうやら球団映像を制作するCSチャンネルの『GAORAスポーツ』加入者だけの“特典映像”にしたかったようです。専用カメラを配置すると、スタッフの人件費など余分な経費が発生するため、現場スタッフは内心ホッとしていますよ」

好評発売中の財界さっぽろ2022年6月号では、ファイターズ戦の地上波中継時の視聴率を入手。開幕1カ月間のデータをすべて掲載している。その数字が表すものとは――。

財界さっぽろ6月号は全国の書店店頭で取り寄せ可能なほか、当社オンラインショップからも購入できる。お買い求めは以下のリンクからどうぞ。

→Webでの購入はコチラ

→デジタル版の購入はコチラ

財界さっぽろ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加