【日本S】先制被弾の3球連続スライダーはなぜ? 元捕手が指摘する巨人バッテリーの“落とし穴”

【日本S】先制被弾の3球連続スライダーはなぜ? 元捕手が指摘する巨人バッテリーの“落とし穴”

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人・菅野智之【写真:読売巨人軍提供】

ヤクルトや阪神などで21年間プレーした野口寿浩氏が解説

■ソフトバンク 5-1 巨人(日本シリーズ・21日・京セラドーム)

21日に京セラドーム大阪で行われた「SMBC日本シリーズ2020」第1戦で、巨人はエースの菅野智之投手を先発に立てたが、6回6安打4失点で敗戦投手に。2回の先制2ランを含め3安打4打点のソフトバンク・栗原陵矢捕手1人にやられた格好だ。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜(現DeNA)で21年間も捕手として活躍した野口寿浩氏が、菅野の心理を分析した。

衝撃の先制弾だった。2回無死一塁で、「5番・右翼」の栗原を迎えた菅野。1球目は高め、2球目は内角にいずれもスライダーが外れ、カウント2-0。ここで、3球連続で選択したスライダーが真ん中に入り、右翼席へ運ばれた。

この日、菅野をリードした捕手は大城。今季、菅野が登板した20試合中、19試合でマスクをかぶっていた。野口氏は「僕が見た印象では、バッテリーは2球目までの栗原の反応を見て、“ストレートを待っている”と判断し、裏をかくつもりでスライダーを続けたのだと思う」と推察する。「このように、“打ってこない”と思って投げる球が1番危ない。同じ球種であっても、“狙われているかもしれない”と心して投げる球とは切れが違う。僕も現役捕手時代、それで何度も痛い目にあいました」と明かした。

「1回に柳田を空振り三振に仕留めたスライダーは、コースは栗原に打たれたのとボール1個分か1個半しか違わなかったと思うが、切れが良かった」と明らかな違いも。さらに野口氏は、投手心理を推し量る。

「栗原は捕手的な読みで、スライダーに大ヤマを張っていたのかも」

「この日の菅野に限らず、スライダーが2球続けて外れた後は、ストレートは狙われる気がして投げにくいものです。菅野が持っている球種の中では、ゴロになりやすいツーシームが有効だったと思うが、試合開始からあの場面まで、1球も投げていなかった。コースに投げきれるかどうかわからないツーシームよりはスライダーで、と考えたのではないか」

また、栗原は今季、打撃を買われて外野か一塁手としての出場がほとんどだったが、登録は捕手。「栗原は捕手的な読みで、スライダーに大ヤマを張っていたのかもしれない」と野口氏。

結局、栗原は4回にも150キロの内角速球を打ち返し、右翼線二塁打。6回には外角のフォークを左中間へ運ぶ2点二塁打。菅野のあらゆる球種をとらえ、第1戦のヒーローとなった。

本人は明言していないものの、今オフにはポスティングシステムによるメジャー移籍も取り沙汰される菅野。24歳の新鋭の栗原へ、借りを返す機会は訪れるのだろうか。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加