「偽ガン闘病疑惑」の歌手チェ・ソンボン、10億目標のクラウドファウンディングを中止=韓国

「偽ガン闘病疑惑」の歌手チェ・ソンボン、10億目標のクラウドファウンディングを中止=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2021/10/14
No image

「偽ガン闘病疑惑」の歌手チェ・ソンボン、10億目標のクラウドファウンディングを中止=韓国(画像提供:wowkorea)

偽のガン闘病疑惑に包まれた、韓国歌手のチェ・ソンボンが自殺を暗示した騒動が広がり、クラウドファンディングも中止されることとなった。

14日、クラウドファンディングのホームページによると、チェ・ソンボンが「生と死の間で夢に向かっていく歌手チェ・ソンボン希望プロジェクト」というタイトルで試みたクラウドファンディングは、現在中止された状態だ。

先立ってチェ・ソンボンは、9月に初めてのフルアルバム発売のため、10億のファウンディングを行った。しかし最近、偽のガン闘病疑惑が浮上し、プロジェクトも中止されたものと思われる。

クラウドファンディングは、最近サポーターからチェ・ソンボンの闘病生活と関連した通報を受けた後、ファンディングサービスメーカーの利用規約と報告するポリシーに基づいて8日、チェ・ソンボンに事実確認を要請した。

その後チェ・ソンボンは12日、継続的なプロジェクト進行が難しいという理由で、プロジェクト中止の意思を明らかにしたと伝えられた。

これに対してクラウドファンディング側は、ホームページに「2021年10月13日メーカーのプロジェクトキャンセルに応じてファンディングが終了しました。ファンディングに参加いただいたサポーターの皆さんの決済は行われません」と掲載した。

チェ・ソンボンは昨年、大腸がん3期などの診断を受けたと今年初めから主張してきた。しかし、今月初め、ユーチューバーのイ・ジンホ氏が偽のガン闘病疑惑を提起して議論は大きくなった。

イ氏は、チェ・ソンボンの病気が虚偽であること、その病院に診断記録がない点などを指摘した。これにチェ・ソンボンが明確な回答をせず、疑いは大きくなった。

それだけでなく、チェ・ソンボンはファンから受けた寄付金で恋人に輸入車をプレゼントしたり、高級風俗店に通ったという疑惑まで出て波紋が広がっている。

チェ・ソンボンファンカフェを通じて約2000万ウォンが入金されたことが確認され、海外のサイトを通じた資金調達でも3000万ウォン以上が集まったことが分かった。

このような疑惑が続く中、12日、YouTubeのライブ放送を介して「全て抱えていく」と自殺を暗示した。しかし、すぐに通報を受けて出動した警察と救急隊員によって救助された。

論議が大きくなると、放送局もチェ・ソンボンの功績消去に乗り出した。

先月11日、チェ・ソンボンが出演したKBS2芸能プログラム「不朽の名曲」522回放送の動画サービスは、公式ホームページをはじめ、OTTプラットフォームなどでも削除された状態だ。KBS1「朝の広場」8920回TVクリップ映像も削除された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加