西武が13失点大敗 13四球、14四死球は球団ワースト

西武が13失点大敗 13四球、14四死球は球団ワースト

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

西武対楽天 1回、押し出し四球で先制を許し汗をぬぐう西武松本(撮影・滝沢徹郎)

<西武2-13楽天>◇6日◇メットライフドーム

西武は13四球、14四死球いずれも球団記録を更新し、大敗を喫した。

1回から先発松本が4連続四球。押し出しで先制点を献上すると、2番手吉川が3四球、4番手の井上は4四球とリリーフ陣も大乱調。引き分けを挟んでの連勝は5で止まった。7試合ぶりの黒星に辻監督は「申し訳ないですよ。14もヒットなんてありえないからね。ふがいない試合。投手コーチに、もう少し(打者に)向かっていく気持ちを前面に出して、勝負してもらうよう話しをしていきます」と苦言を呈した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加