Snow Manラウール、2年ぶり『滝沢歌舞伎 ZERO』に感極まる「思春期ですから!」

Snow Manラウール、2年ぶり『滝沢歌舞伎 ZERO』に感極まる「思春期ですから!」

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/04/08

2006年に『滝沢演舞城』として誕生し、2019年にSnow Manに受け継がれた“和のスーパーエンターテインメント”『滝沢歌舞伎 ZERO 2021』のゲネプロ公開および初日前会見が7日、都内・新橋演舞場にて開催された。Snow Man岩本照深澤辰哉ラウール渡辺翔太向井康二阿部亮平目黒蓮宮舘涼太佐久間大介が出席した。

No image

【画像】取材撮影の別カット

2020年には『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』として映画化され、興行収入20億円を超える大ヒットを記録。2年ぶりの劇場公演となる今回は、滝沢秀明が演出、A.B.C-Z五関晃一が振付を手掛けるほか、岩本も振付に初挑戦した。

幕が上がると、観客席までも降り注ぐ青い桜吹雪とともにSnow Manが登場。磨き上げられたパフォーマンス力で『ひらりと桜』を歌い踊り、続けて新曲『One Heart』を披露すると、岩本の堂々としたあいさつをきっかけに本編がスタートした。

ゲネプロでは、アクロバティックな殺陣やダイナミックな“腹筋太鼓”、およそ10トンにもなる大量の水が豪雨のように降りしきるなかでの演技に、鼠小僧や歌舞伎など、幅広いエンターテインメントを圧巻のパフォーマンスで披露。一方、会見では一転してリラックスムードで明るいトークを展開した。

岩本は「この状況下のなか、スタッフの皆さんが本当に僕たちを支えてくださって、無事に初日を迎えられることを楽しみにしています」としみじみ。「実際にお客さんが入った状況はたぶん、今の想像を超える鳥肌ものだと思っているので、ゾクゾクするくらい楽しみにしています」と心境を語った。

また、「感極まっていたのでは?」と聞かれたラウールは「やめてくださいよ。恥ずかしいですよ、思春期ですから!」と赤面。続けて「キワキワでした(笑)。うれしいなっていう思いが強いですね。本当に久しぶりなので」と喜びをあらわにした。

これまでの公演ではピンクの花びらが舞っていた『滝沢歌舞伎』。青い花びらに変化した理由を尋ねられると、岩本が「今の状況で本当に最前線で戦ってくださっている医療従事者の皆様への感謝とエールの思いを込めまして、『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』から青に変えさせていただきました」と説明。舞台上で見る青い花びらについて深澤は「ピンクから青に変わったことで僕たちもすごく気が引き締まるというか、新鮮な気持ちでやらせていただいて、ありがたい」と語った。

第二部で女形を演じる阿部は「僕と佐久間は女形に挑戦させていただいておりまして、客席の皆様をうっとりさせられたらと思って舞わせていただいております」とコメント。目黒が「女形の2人がすごい綺麗で、こっちも気持ちをしっかり乗せてお芝居できてます。楽しいですね」と阿部・佐久間を称賛すると、「2人のどっちがいいのか」と質問が。目黒は「もちろん阿部ちゃんですね」と即答し、「どっちも綺麗ですけどね」と佐久間へのフォローも忘れなかった。

さらに渡辺は「今回、僕の楽屋が向井康二くんと一緒で、康二くんが楽屋グッズを色々買ってきてくれるんですよ。おそろいの歯ブラシ立てを買ってきてくれて、嬉しかったんですけど鳥肌が止まらない」と告白。向井は「おい!なんや今のオチ!喜んでたやろ!」と鋭く指摘し、笑いを誘った。

名物・腹筋太鼓の話題では、目黒が「やっぱ岩本くんバキバキだよね」と岩本の肉体に言及。岩本は「ありがとうございます!」と短く答え、「ヒーヒー言ってるみんなを見ているのが楽しい」と余裕をみせた。

そこへ渡辺が「みんな腹筋を痛がっているなか、深澤くんだけお股を痛がってるんです」と暴露。深澤が「なぜ私はここだけ痛くなるのかと岩本さんに相談したんですよ。それで『こうしたら腹筋にくるよ』っていうのを昨日教えていただきまして。昨日までは間違ったやり方をしていた」と打ち明けると、向井は「何年やっとんねん」とツッコミ。深澤は「毎年やらせていただいていたにも関わらず、今(腹筋太鼓)初演です」と腹筋太鼓の正しいフォームをようやく掴んだことを明かして笑いを誘った。

「僕は深澤くんの注目ポイント見つけました」とカットインしたラウールは「今回、歌舞伎メイクをしたあとに、すぐ落としてダンスシーンがあるんですけど、深澤くん全然メイク落ちてないんです。これ注目ポイント」とさらに深澤をイジる。「緑のメイクしてるんですけど、緑の顔のまま出てくる」と笑われた深澤は「これは違うんです。肌質です。ラウールとそれは違うわ。なるべく落としますけどね。ラウはスーッと落ちるわけです。僕はグワーッ!て。時間掛かるんですよ」と弁解していた。

最後に岩本は「デビューさせていただいてから一発目の舞台がこの『滝沢歌舞伎 ZERO』で本当にありがたいなと思います。舞台は、お客さんがいて始まるものだなというのを明日みんなで感じられると思う。1公演1公演大切に、今のこのご時世のなかだけれど、エネルギーとか笑顔の輪をたくさん広げていけるように、みんなで一丸となって一歩ずつ進んでいきたいと思います。楽しみに、お気をつけて劇場まで足を運んでくれたらなと思います」とメッセージを贈り、会見を締めくくった。

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加