【修斗】佐山道場がいよいよ修斗に! 全日本学生柔道選手権代表の平沼ヤマトが“アマチュア修斗の異端児”村山大介と対戦=5.16 後楽園

【修斗】佐山道場がいよいよ修斗に! 全日本学生柔道選手権代表の平沼ヤマトが“アマチュア修斗の異端児”村山大介と対戦=5.16 後楽園

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2021/04/11
No image

初代シューター誕生から34年。1989年5月18日に修斗プロ化第1戦が行われた聖地・後楽園ホールに、32年の時を経て、佐山聡の遺伝子が参戦する。

“その時、歴史は動いた”

No image

1985年に世界ではじめてMMAを競技化し、修斗を創設した佐山聡の長男・佐山聖斗が3月16日後楽園ホールで行われた修斗のリングに登壇。5月大会から佐山道場の選手が修斗のリングに参戦することが発表された。

No image

その先兵となるのが全日本学生柔道選手権-60kg、-66kg級で代表に選出され、東京オリンピック日本代表の阿部一二三選手とも引き分けた経歴を持つ平沼ヤマトだ。柔道での輝かしいキャリアを捨て、佐山創始の直接指導を受け、打撃も開花。一般への公開はせず、練習生は全てスカウトにより内弟子になることが許される佐山道場。修斗創始者佐山聡の原理原則を受け継ぐ、その鉄のカーテンがいよいよベールを脱ぐ!

その平沼ヤマトと対戦するのはトップアマシューター・村山大介(マスタージャパン東京)だ。

2019年全日本選手権フェザー級準優勝、2020年中四国選手権準優勝と十分な実力を持ち、二度もプロ昇格を受けながら、未だにアマチュア修斗に拘る異端児。今回が初のトライアウト挑戦となるがMMAでのキャリアで勝る村山にも注目だ。

【新たに決定したカード】

▼トライアウトルール フェザー級 3分2R
村山大介(マスタージャパン東京)
平沼ヤマト(佐山道場)

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加