「事故起こした」乗用車で追突し自ら通報...駆け付けると酒の臭い 基準"約4倍"アルコール 23歳男逮捕

「事故起こした」乗用車で追突し自ら通報...駆け付けると酒の臭い 基準"約4倍"アルコール 23歳男逮捕

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

酒気帯び運転の現行犯で男を逮捕した北海道警千歳署

酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとして、23歳の男が逮捕されました。

酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、北海道千歳市に住む無職の23歳の男です。

男は10月14日午前5時25分ごろ、酒気を帯びた状態で恵庭市内の道道で乗用車を運転し、駆け付けた警察官に逮捕されました。

警察によりますと男は逮捕前、右折しようと減速していた前方の車に追突する事故を起こしていて、自ら「事故を起こした」などと警察に通報していました。

追突された車の運転手は軽傷です。

駆け付けた警察が男から事情を聴こうとしたところ酒の臭いを確認。男の呼気からは基準値の約4倍のアルコールが検出されたため、逮捕しました。

現場は片側1車線の直線道路で、当時男は1人で車に乗っていました。

調べに男は「酒が入った状態で車を運転したのは間違いない」などと話していて、警察が運転前の状況や動機などを詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加