大久保佳代子、“毒舌キャラ”が性格に悪影響「こんな人じゃなかったんです」

大久保佳代子、“毒舌キャラ”が性格に悪影響「こんな人じゃなかったんです」

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2021/06/10

6月8日、日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』にオアシズの大久保佳代子が出演した。

No image

番組では、“なかなか理解してもらえない私の苦労”についてトークを展開。その中で大久保は「やっぱり私ズバズバ言う人、言うキャラクターだと思われてるんで、しょうがないんですけど」と切り出すと「よく雑誌とかトーク番組でも女の嫌いなところ、嫌いな女はこういうところみたいなのが多いんですよ」と自身に求められる仕事についてコメント。

続けて大久保は「だからもう最初は裏表がある女ぐらいオーソドックスなこと言いながら、どんどんネタがなくなってくるんですよね」「そうするとほんと嫌なんですけど、日々女の嫌な部分ばっか探しちゃうんですよ」と嘆き笑いを誘った。

出演者が「生きていくためにな。わかるよ」と仕事だからとフォローすると大久保は「そうなんですよ。この前もね、女性スタッフがスティックの蜂蜜をね、私が咳き込んでたら蜂蜜をくれた時『ありがとう』って思いながらも蜂蜜くれるって自然派思考で上質な女アピールじゃないの?これと思って。書き留めとくんです」「性格めっちゃ悪くなったんです。ほんとこのせいで。こんな人じゃなかったんです私」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加