誰も止められないソフトバンク周東が初3盗塁、内野安打から1人で1点

誰も止められないソフトバンク周東が初3盗塁、内野安打から1人で1点

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆ソフトバンク-楽天(18日、ペイペイドーム)

盗塁リーグトップを快走するソフトバンクの周東が自身初の1試合3盗塁を決めた。

まずは3回、2死二塁で先制の中前適時打を放つと、続く中村晃への初球にすかさず二盗に成功した。

圧巻だったのは2点を勝ち越された直後の5回。先頭で三塁へのセーフティーバントを決めると、再び中村晃への初球で二盗に成功。さらに3球目にも投手ジョンソンのフォームを盗んで三盗に成功。今季39個目の盗塁となった。

その後に柳田の打席でジョンソンが暴投し、周東は楽々と生還。自慢の俊足を存分に生かし、1人で1点をもぎとった。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加