布勢スプリントエントリー発表 小池祐貴、坂井、栁田ら 新たに走幅跳・津波、200m飯塚ら

布勢スプリントエントリー発表 小池祐貴、坂井、栁田ら 新たに走幅跳・津波、200m飯塚ら

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/06/23
No image

6月25、26日に行われる日本グランプリシリーズ鳥取大会「布勢スプリント2022」のエントリーリストが更新された。

男子100mには招待選手の小池祐貴(住友電工)の他に、日本選手権で2、3位に入った坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)らがエントリー。リオ五輪代表のケンブリッジ飛鳥(Nike)も登録しており、出場すれば交通事故からの復帰戦となる。

110mハードルにはオレゴン世界選手権代表に内定している村竹ラシッド(順大)のほかに、石川周平(富士通)、元日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)らが登録している。

女子100mには日本選手権優勝の君嶋愛梨沙(土木管理総合)、兒玉芽生(ミズノ)、寺田明日香(ジャパンクリエイト)らがエントリー。その寺田は日本選手権出場を見送った100mハードルにも登録。他にも日本記録保持者・青木益未(七十七銀行)、日本選手権優勝の福部真子(日本建設)らが名を連ねる。

従来は直線スプリント種目のみ行われる事も多いが、今年は男子200m、300m、男女の走幅跳、三段跳も新たに追加。200mには飯塚翔太(ミズノ)、300mには東京五輪代表の伊東利来也(住友電工)らが出場予定だ。走幅跳には津波響樹(大塚製薬)、城山正太郎(ゼンリン)ら有力選手がオレゴン世界選手権の参加標準記録(8m22)を狙って出場する。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加