アルゼンチンで珍しい頭蓋骨を持つ新種の肉食恐竜が発掘される

アルゼンチンで珍しい頭蓋骨を持つ新種の肉食恐竜が発掘される

  • カラパイア
  • 更新日:2021/04/07
No image

credit:Jorge Blanco.

恐竜がまもなく絶滅しようとしていた白亜紀末期、ゴンドワナ大陸には恐ろしい恐竜が生きていた。

アルゼンチン、パタゴニア北西部にある化石地帯ラ・インベルナーダのバホ・デ・ラ・カルパ層で発見された新種の肉食恐竜の化石は、「ルカルカン・アリオクラニアヌス(Llukalkan aliocranianus)」と名付けられている。

ルカルカンはマプチェ語で「恐怖をもたらすもの」、アリオクラニアヌスはラテン語で「珍しい頭蓋骨」という意味だ。

【他の記事を見る】南極で発見された謎の化石の正体がついに判明、巨大な卵であることが判明。

トサカやツノが生えた短い頭蓋骨を持つ肉食恐竜

今から8000万年前、白亜紀末期に生息していたルカルカン・アリオクラニアヌス(以下L. アリオクラニアヌス)は、大型捕食恐竜アベリサウルス科の仲間で、その姿はあのティラノサウルスを思わせる。

体長は5メートルでティラノサウルス(13メートル)に比べれば小さいが、極めて強力なアゴや鋭い歯、巨大な爪に鋭い嗅覚といった武器で武装していた。

その名が示すとおり、特徴的な頭蓋骨をしており、トサカやツノがゴツゴツと生えている。生きていたときは、現代の一部の爬虫類にも似た、膨らんで目立つ頭部を持っていたようだ。

No image

頭蓋骨の再現図 credit:Gianechini et al., doi: 10.1080/02724634.2020.1877151.

ワニに匹敵する鋭い聴覚を持っていた可能性

だがパタゴニア地質学・古生物学研究所の古生物学者アリエル・メンデス博士によると、最大の特徴は、中耳のあたりにある小さな空洞であるという。

これは他のアベリサウルス科の仲間にはない特徴で、これのおかげでL. アリオクラニアヌスは現代のワニと同等か、それより優れた聴覚を持っていた可能性があるという。

アベリサウルス科の恐竜は強い捕食者

L. アリオクラニアヌスの発掘現場のそばからは、同じくアベリサウルス科に属する「ヴィアヴェナトル・エクソニ(Viavenator exxoni)」も発掘されている。

No image

credit:ヴィアヴェナトル・エクソニ Paleocolour / WIKI commons / CC BY-SA 4.0

このことは白亜紀後期において、アベリサウルス科の恐竜がパタゴニア地域の主要な捕食者だった可能性を示唆しているそうだ。

この研究は『Journal of Vertebrate Paleontology』(3月30日付)で発表された。

References:New Species of Carnivorous Dinosaur Unearthed in Argentina | Paleontology | Sci-News.com/ written by hiroching / edited by parumo

・あわせて読みたい→ジュラシック・パークで有名になった恐竜「ディロフォサウルス」はトカゲより鳥に近い(米研究)

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加