大谷翔平、次回の登板は最短で6日レイズ戦 試合前には投球練習

大谷翔平、次回の登板は最短で6日レイズ戦 試合前には投球練習

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

レイズ戦の6回、2点本塁打を放ち、ベンチで迎えられるエンゼルス大谷(17)(AP)

<エンゼルス3-7レイズ>◇3日(日本時間4日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(26)が、美しい軌跡を描いた1発で、両リーグのホームランキングタイに再浮上した。

マドン監督は試合後、大谷の次回登板について見通しを明かした。「明日またキャッチボールをしてみて、それから判断する。水曜日が可能性としてはあると言えるだろう」と話し、最短で5日(日本時間6日)のレイズ戦となることを示唆した。大谷は試合前に約15分間、壁当てとキャッチボールで汗を流し、平地で座った捕手を相手に投球練習も行った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加