DeNA 守護神・三嶋またしても巨人に打たれる 2点差守れず対G3敗目

DeNA 守護神・三嶋またしても巨人に打たれる 2点差守れず対G3敗目

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/15
No image

9回、ピンチを迎えた三嶋(中央)に声をかける三浦監督

「巨人7-6DeNA」(15日、東京ドーム)

DeNAの守護神・三嶋がまたしても巨人に打たれた。今季成績は5敗目(1勝21セーブ)だが、うち3敗が巨人戦でのもの。

2点リードの九回。先頭のハイネマンに安打、続く若林を三邪飛に抑えるも、ウィーラーに四球を出し1死一、二塁。代打・八百板に適時打を浴び1点差に詰め寄られた。

ここで三浦監督自らマウンドへ行ったが、松原に安打でつながら、坂本の同点適時打を許す。最後は岡本和にサヨナラ犠飛を浴びた。

三嶋は今月9日の巨人戦では、3点リードを追いつかれて引き分けに持ち込まれた。今季巨人戦(14日まで)は10試合で2敗3セーブ、防御率は9・00だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加