小山田圭吾辞任...続々後任名乗り!?近田春夫「あとは俺が引き受けた」岡崎体育「俺にやらせてくれ」

小山田圭吾辞任...続々後任名乗り!?近田春夫「あとは俺が引き受けた」岡崎体育「俺にやらせてくれ」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/21
No image

岡崎体育

東京五輪開会式に楽曲制作担当の一人だったミュージシャン、小山田圭吾(52)が学生時代のいじめ告白問題で19日に辞任したことを受け、芸能界から多数、後任に〝立候補〟した。

自作の非公式テーマソング「近田春夫のオリパラ音頭」を持つミュージシャンの近田春夫(70)は19日のツイッターで「小山田圭吾。あとは俺が引き受けた。安心してくれ!」と宣言。シンガー・ソングライター、岡崎体育(32)も20日未明のツイッターで「岡崎体育といいます。体育です」「俺にやらせてくれ」とアピールした。

タレント、古坂大魔王(48)がプロデュースする中年歌手、ピコ太郎は20日のツイッターで、五輪用の新曲でヒット曲「PPAP」と一文字違いの「PPOP」をスピード制作したと発表。「Paralympic…Olympic uh! ParalympicOlympic!」と五輪とパラを融合させた歌詞で、「我々はいつでも馳せ参じますピコよ!」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加