【紫外線ケア6選】コスパがよくて効果もばっちり!おすすめUVケアアイテム

【紫外線ケア6選】コスパがよくて効果もばっちり!おすすめUVケアアイテム

  • withonline
  • 更新日:2022/05/13

これからどんどん日差しが強くなる季節。夏になってからしっかり対策しようと思っていたらすでにかなり焼けてしまったという経験はありませんか? 今回は毎日の暮らしに手軽に取り入れられるUVケアアイテムを6つご紹介します。

1 必須アイテム!用途によって使い分けたい日焼け止め

No image

(左)石澤研究所 透明白肌ホワイトUVスプレー(中央)Curel UVカット デイバリアUVローション(右)NIVEA UVウォータージェルSPF50 ポンプ

UVケアといえば、まず日焼け止めは欠かせませんよね。左から「透明白肌ホワイトUVスプレー」「UVカット デイバリアUVローション」「UVウォータージェル」の3つを、用途によって使い分けています。

いちばんよく使っているのがニベアの「UVウォータージェル」。SPF50で顔から体まで全身OK! お気に入りポイントは、ウォータージェルという名前の通り、水のような使用感。化粧水のような使いごごちで時間が経ってから塗り直してもつっぱったりしないんです。

No image
No image

キュレルの「UVカット デイバリアUVローション」は、SPF50+のローションタイプ。低刺激タイプなので敏感肌の方でも使えるそう。近所しか出歩かない日や、ちょっとしたオンラインMTGしかない日はこの日焼け止めを塗って、あとはアイブロウとリップを塗るだけの簡単メイクにしています。ニベアのものと違い少し白っぽくなるタイプの日焼け止めなので、ファンデーションの代わりとして使っています。

石澤研究所の「透明白肌ホワイトUVスプレー」はデイリーには使わないのですが、うっかり日焼けしてしまった部位だけに使うようにしています。例えばメイクしたあと顔と首の色味が違うと顔だけ浮いているように見えませんか? そのシーズンだけファンデーション類のカラーを変えると費用もかかるので、色味に差がある部位にスプレーしてなじませるように使っています。

ちなみに画像のスウォッチは、手首側からニベア、石澤研究所、キュレルです。

2 遮光率99%のどこへでも持ち運べる軽量日傘

No image

estaa 超軽量日傘

できれば陽に当たらないのがいちばんのUV対策ですよね。これから夏にかけてどんどん日差しは強くなり、たとえ10分でも外にいるだけでしっかり日焼けしてしまいそうです。そんな時に「estaa(エスタ)」の超軽量日傘なら遮光率99%でばっちりUV対策できて安心!

No image

なんと重さはたったの115g! スマホよりも軽くカバンに入れているのも忘れてしまうほど。小さいバッグにも入るし、重いから持っていくのをためらうということもなさそう。また、雨天兼用なので雨傘としてひとつ持っておくととっても便利です。

No image

日傘が活躍するか分からない日でも軽量なので邪魔にならないのがとてもうれしいポイント。ただ軽量な分、強い風や雨には弱そうなのでサブの日傘として毎日持ち歩きたいアイテムです。

3 たっぷり重ねても軽いつけ心地!ミネラル成分由来のUVパウダー

No image

ETVOS ミネラルUVベール

もう何度もリピートしているETVOSの「ミネラルUVベール」。夏は特にUV成分が配合されているタイプを使うことが多いです。「ミネラルUVベール」はサラッとした使いごごちながら、SPF45としっかりUVケアができる優れもの。

No image

外出先でメイク直しをする時、またいちから日焼け止めを塗ってファンデーションを塗ってという作業はなかなか時間がかかります。なので、春夏はメイクの上からこのパウダーをポンポンとのせると顔のベタつきがなくなるし、手軽にUVケアができるんです。

No image

パウダーはほぼ無色に近いので何度重ね塗りしても顔が白っぽくなりません。いつかはこのパウダー&下地だけで肌が仕上げられたら良いなと思い、ノーファンデでも外出できる肌ケアにはげんでいます!

4 1枚あるとうれしい!UVカットカーディガン

No image

UNIQLO UVカットクルーネックカーディガン

冷房や朝晩の寒暖差が激しい春夏に一枚あると助かるのがカーディガン。ユニクロの「UVカットクルーネックカーディガン」は生地にUVカット成分が折り込まれていて、羽織るだけで簡単にUVケアできるんです。

No image

ちなみに身長160cmの私が着用するとこんな感じです。身幅と袖幅はゆったりとしていて、袖口も少し長め。手の甲ぐらいまで隠れるのでうっかり手が焼けるのも防いでくれそうですね。

No image

コットンレーヨンが使われていて、肌触りはとってもなめらか。その上洗濯機でざぶざぶ洗ってもOKなのでデイリー使いにはぴったりのアイテムだと思います。8色ある中から私はグレーを選んだけれど、本当にいろんなコーデに使えるのでグリーンも追加で購入したいぐらいです。

5 忘れがちな唇の紫外線対策!保湿もばっちりなリップクリーム

No image

NIVEA ニベア ディープモイスチャー リップ 無香料

意外と忘れやすいのが唇の紫外線対策。日差しが強い日は、気がついたら唇がガサガサになっていることもありますよね。私はデイリー使いのリップクリームをUV効果のあるタイプのものを使っています。

No image

ニベアの「ディープモイスチャー リップ」は、SPF20、保湿しながらもしっかり唇を紫外線から守ってくれます。無着色、無香料なのでリップカラーを塗る前の下準備として毎日塗る習慣をつけるとガサガサ唇にさよならできそう。

6 屋外で遊ぶアクティブシーンは、ヒモつきハットをチョイス!

No image

無印良品 サファリハット

野外フェス、ハイキングなど一日中屋外で動きまわるときに帽子は必須アイテムですよね。私は無印良品の「サファリハット」を愛用しています。蒸れにくく撥水効果のある素材が使用されていて、ちょっとした雨でも使えるアイテム。

No image

つばは広めで紫外線遮蔽率90%以上のため、晴天時にももちろん使えます。最近は庭作業をする時にこの帽子をかぶっていることが多いです。アゴ紐は取り外し可能なので、風の強い日以外は取り外してカジュアルな服に合わせても良さそう。

No image

私が気に入っているもうひとつのポイントは、つばの内側にゴムが入っていて、頭のサイズに合わせることができるところ。どうしても帽子が脱げたり、作業している間にズレたりすることが以前はあったのですが、これなら後ろでキュッとゴムを閉めるとしっかり頭にフィットしてくれるので作業しやすいんですよね。

知らぬ間にうっかり焼けてしまった.....! なんてことがないように、日頃から手軽に取り入れられるUV対策アイテムをご紹介しました。たっぷり太陽を浴びるのが大好きなのですが、シミができやすい体質でもあるので、しっかりケアしながらこのシーズンを楽しみたいです。

Hanamori

ハナモリの「暮らしのセンスを磨くコツ」バックナンバーはこちら!

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加