大貫亜美「すごくない?」ホテルマンの父がジョンレノン&オノヨーコ接客

大貫亜美「すごくない?」ホテルマンの父がジョンレノン&オノヨーコ接客

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/26
No image

ドキュメンタリー作品「ザ・ビートルズ:Get Back」のスペシャル・エディション最速プレミア上映会に出席した、左からPUFFY吉村由美、OKAMOTO’Sハマ・オカモト、大貫亜美(撮影・佐藤成)

女性ボーカルデュオPUFFYが25日、都内で、ドキュメンタリー作品「ザ・ビートルズ:Get Back」(ピーター・ジャクソン監督)のスペシャル・エディション最速プレミア上映会に出席した。

ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」をカバーしたことがあるPUFFY。カバーの経緯について吉村由美(46)は「ビートルズ一曲カバーしたいねっていう話をしていて、好きな歌を歌いたいってなって、2人してあげたのがこの曲だったよね」と振り返った。

大貫亜美(48)は、ホテルマンをしていた父親のホテルにジョン・レノンとオノ・ヨーコが宿泊しにきたという。「(2人の)係というか担当になったので、私なんとサインを持っているんですよ。すごくない?」と得意げな表情を浮かべた。父親は洋楽が好きだったといい「生まれたときからずっとかかっているうちの一個」とビートルズとの出会いを明かした。

イベントのMCはOKAMOTO’Sハマ・オカモトと中川絵美里が務めた。

1969年1月にビートルズが「Get Back(復活)」を掲げ、原点であるライブに戻ろうと曲作りを行うセッションの様子が収められている。25~27日に配信サービス「ディズニープラス」で独占配信される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加