中日 打線組み替え成功 高橋周が今季初の“3番アーチ”で先制

中日 打線組み替え成功 高橋周が今季初の“3番アーチ”で先制

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

◇交流戦 中日―楽天(2021年6月9日 楽天生命)

No image

<楽・中(2)>3回2死二塁、2ランを放つ高橋周 (撮影・白鳥 佳樹)

打線の組み替えが奏功した。「3番・三塁」でスタメン出場した中日・高橋周平内野手(27)が3回2死二塁、楽天先発・則本の高めに入ってきた変化球を捉え、右翼ポール際に3号先制2ランを打ち込んだ。

「打ったのはフォークです。甘く来た球を逃さず打つことができました」

4月13日巨人戦(東京ドーム)以来の3番に入り、今季の“3番初本塁打”を記録。ダイヤモンドを一周し、ベンチに戻ると一気に笑顔が弾けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加