5歳男の子お手柄!盗まれたキツネザル発見 米

5歳男の子お手柄!盗まれたキツネザル発見 米

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/10/17
No image

アメリカのサンフランシスコで動物園から絶滅危惧種のキツネザルが盗まれましたが、5歳の男の子が発見して無事に動物園に戻りました。

動物園園長:「警察や教会、地域の皆さんのおかげです」
地元メディアによりますと、動物園から盗まれたのは絶滅危惧種のキツネザルで、名前は「マキ」です。14日に盗まれたことが発覚しましたが、21歳と高齢だったため、動物園のスタッフが健康状態を心配して懸賞金も懸けて行方を捜していました。16日夜に帰宅途中の5歳の男の子が偶然発見し、無事に保護されました。現地の警察は、キツネザルを盗んだ疑いで30歳の男を逮捕しました。動物園はキツネザルを見つけたお礼に、この男の子と家族に動物園の会員証を贈るということです。

環境省が尖閣諸島の動植物調査へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加