【哀愁】「わたしも諭吉を飼育したいけど......」世知辛さを詠ったツイートに大反響 - 「翌月の仕入れ前に全滅するんです」「キャッチアンドリリース派」と大喜利状態に

【哀愁】「わたしも諭吉を飼育したいけど......」世知辛さを詠ったツイートに大反響 - 「翌月の仕入れ前に全滅するんです」「キャッチアンドリリース派」と大喜利状態に

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

貯金とは、なぜにこんなにも難しいのでしょう。節約を心がけていても、ついあれこれと買い物や支払いが発生し、気付けば財布の中身は寂しくなってしまっています。

カナダで休日出勤していたら、同僚から苦言が……その言葉に「大事な考え方だなあ」「そういう捉え方も出来るのか」と納得の声 - 一方で「期待に応えたい」という人も

そんなやるせない思いを一言で表現したのは、漫画家の志水アキ(@SHIMZAK)さん。

わたしも諭吉を多頭飼育したいけどすぐ脱走するんだよな(@SHIMZAKより引用)

多頭飼育とは、たくさんの動物を同時に飼育すること。秩序が保てないほどペットが増え、適切に管理ができなくなってしまった状況を「多頭飼育崩壊」といい、よく問題視されています。

志水さんは普段、ペットを保護する活動を行っており、多頭飼育崩壊の問題にも心を痛めているのだそう。一方で、なぜ福沢諭吉(1万円札)はなかなか多頭飼育できない(貯金が貯まらない)のだろうと不思議に思っていたようです。

社会の世知辛さを詠った志水さんのツイートは9000件超のリツイート、2.7万件のいいねを獲得。共感のコメントも続々と集まっています。

「月に一度ある程度仕入れるんですが、いつも仕入れた当日から脱走をはじめて、翌月の仕入れ前に全滅するんですよ…」
「底無し沼に集団で入っていっちゃうんですよね……(ATMのお預け入れ)」
「現金は溜め込まない主義なのでキャッチアンドリリース派」
「寂しがり屋なので、仲間がたくさんいるところほど集まると聞きました」

ツイートが大反響となったことを受け、ご本人に補足的にお話を伺ってみました。

――志水さんは普段から動物の保護活動などをされているのでしょうか?

志水さん:動物保護団体・アルマさんが保護した犬や猫を自宅で預かり、里親さんを探すというボランティアをしています。

――諭吉ではなく動物の多頭飼育崩壊の問題については、どうお考えですか?

志水さん:多頭飼育崩壊は不妊手術をしなかったせいで起こることがほとんどです。特に猫などは雌雄がいれば2~3年で数十匹に増えるので、取り返しのつかないことになる前に手術をして頂きたいところです。

――これだけの反響を得た率直な感想をお願いできますでしょうか?

志水さん:軽い気持ちで呟いたのがここまでバズったので少しビックリしています。ペットも諭吉も、もてあまさないようしっかり管理しましょう!

お後がよろしいようで。

わたしも諭吉を多頭飼育したいけどすぐ脱走するんだよな— 志水アキ@中禅寺先生4巻7/15 (@SHIMZAK) June 7, 2021

猿川佑

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加