G大阪、浦和に2-1勝利で川崎の最速Vはお預け...次節、ガンバとの直接対決へ持ち越し

G大阪、浦和に2-1勝利で川崎の最速Vはお預け...次節、ガンバとの直接対決へ持ち越し

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/11/22
No image

同点弾を奪ったG大阪の宇佐美。(C) SOCCER DIGEST

J1リーグは11月22日、28節の浦和レッズ対ガンバ大阪の1試合が埼玉スタジアムで行なわれ、G大阪が2対1で勝利を収めた。この結果、川崎フロンターレの優勝は持ち越しとなった。

試合はともに堅固なブロックを形成し、なかなかチャンスを得ることができない。39分にはG大阪がCKのチャンスを掴むも、混戦からゴール方向に向かったボールはポストを直撃。得点には至らない。

結局、前半は0-0のスコアレスで終了した。しかし迎えた後半は一転して互いに積極的にゴールを狙っていく。47分には浦和の長澤和輝のシュートはクロスバーを直撃。一方のG大阪も55分、宇佐美貴史のFKにパトリックが頭で合わせるが、これは枠を捉えきれない。

すると62分、ついに均衡が破れる。CKを得た浦和は、トーマス・デンが頭で折り返したボールを槙野智章が押し込み、ネットを揺らす。ホームの浦和が先制するが、G大阪もすぐさま反撃。66分、ゴール前に押し込むと、こぼれ球を拾った宇佐美が右足を一閃。混戦を抜けたシュートがネットを揺らし、G大阪が同点に追いついた。

その後はともに勝ち越しを狙ってゴール前の攻防を繰り広げる。そして81分、スコアを動かしたのはG大阪。CKから高尾瑠が打点高いヘッドでねじ込み、ネットを揺らした。G大阪が2-1と勝ち越しに成功する。

試合は、このまま2-1でタイムアップ。G大阪が勝利を収め、川崎の優勝決定は持ち越しとなった。次の29節は11月25日に、川崎のホーム等々力陸上競技場で川崎対G大阪の直接対決となる。川崎は次の試合で優勝を決めても、2010年に3試合を残して優勝を決めた名古屋グランパスの記録を抜いて、4試合を残しての最速優勝となる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加