友達と集まる通話SNS「パラレル」ユーザー急増中! 新機能追加でさらに楽しく

友達と集まる通話SNS「パラレル」ユーザー急増中! 新機能追加でさらに楽しく

  • Techable
  • 更新日:2021/01/14

巣ごもり需要が高まるなか、自宅で友達と通話をしながら遊ぶ人が急増しているという。React株式会社が提供する通話SNS「パラレル」は、2019年8月の正式リリースから約1年半で累計通話時間が30億分を突破したと発表。

今回は、新機能も追加されたという「パラレル」について紹介していこう。

新機能追加で、楽しみ方も拡大

No image

「パラレル」は、リアルタイムに友達と通話しながらさまざまなコンテンツを楽しめるSNS。

ハイエンドなオンラインゲームから麻雀や大富豪といったカジュアルゲームまで複数人で通話をしながらプレイすることができる。また、何をプレイするわけでもなく、ただお酒を飲みながら会話を楽しむことも可能だ。

No image

メイン機能として、友達のオンライン・オフライン状態がわかる「ステータス機能」や声色を変化させる「ボイスチェンジャー機能」、気軽に友達を誘える「スタンプ機能」などを搭載。

そしてこのたび追加されたのが「パーティー機能」だ。これにより「YouTube同時視聴」「画面共有」が可能となったほか、「キーワード人狼」や「お絵描きしりとり」といったミニゲームを楽しめるようになった。

巣ごもり需要で驚異の伸び率

もともと「パラレル」は、スマートフォンでゲームをしながら通話することに特化したアプリとしてリリースされた。近年の端末や通信環境の進化によって、スマートフォンでもハイクオリティなオンラインゲームができるようになり、多くの人が複数人で通話をしながらゲームを楽しむシーンが増えたという。

ここで課題となったのが複数人でリアルタイムに通話する方法。一般的な通話アプリでは、ゲームと通話を同時に行うと「ゲーム音が聞こえなくなる」「端末が重くなり使えない」といった問題が起きていた。そこで開発されたのが「パラレル」というわけだ。

リリースから約8ヶ月が過ぎる頃には、新型コロナウィルスの影響で在宅時間が増え、以降急速にユーザーを獲得していった。実際に、巣ごもり需要が高まる前の2020年2月と、後の2020年12月の利用状況を比較したところ、月間の利用者数は710%増加、月間の通話時間は660%増加という結果となったようだ。

ニューノーマル時代、友だちとの集合場所はオンライン上になっていくのかもしれない。

PR TIMES(1)(2)

Higuchi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加