霜降り粗品に「テングになっていたらどうしよう」吉田鋼太郎が撮影前の心配を明かす 松嶋菜々子も共演

霜降り粗品に「テングになっていたらどうしよう」吉田鋼太郎が撮影前の心配を明かす 松嶋菜々子も共演

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/04/08
No image

霜降り明星・粗品、松嶋菜々子、吉田鋼太郎

俳優の吉田鋼太郎と霜降り明星の粗品、女優の松嶋菜々子が7日、都内で行われた「パーフェクトサントリービール」の新CM発表会に出席。それぞれ新CMでの共演を振り返った。

3人は「パーフェクトサントリービール」のテレビCM「新登場」篇、「このビールは、2度驚く。」篇で共演している。イベントでは、そのCM撮影の舞台裏を3人仲良く回想し合ったが、粗品は吉田、松嶋との共演に「僕が一番驚いた」と興奮しきり。「なんなら、今日のこの並びもえぐい。吉田さん、松嶋さん、そして粗品。最高です」と旬の人気俳優・大物女優との共演を回顧。

>>全ての画像を見る<<​​​

とりわけ、吉田とはそれぞれ「ヨッシー」「ソッシー」と呼び合うなど息がぴったりだったといい、粗品は吉田について「吉田さんの器が大きすぎて」と感銘を受けたとのこと。「親くらいの年齢差があるにもかかわらず、それを感じさせない接し方をしてくれました。本当に気さくで」と述べると、吉田も嬉しそうな表情。

吉田は「今をときめく粗品さんなので、テングになっていたり態度がでかかったらどうしようと思ったけど、そんなことはなかった」とにっこり。粗品は実は撮影中も礼儀正しく、仕事もきちんとこなしていたといい、「ちゃんとしている方はちゃんとしているなって改めて思った」と大絶賛だった。

松嶋も吉田、粗品との共演を「こちらこそ光栄でした」と振り返り、粗品については「日々テレビで見ているのでよく知っていました」と笑顔で回顧。「撮影はすごく緊張しました。2人の空気に入っていけるかなって思ってやっていました」と述べると、吉田、粗品も照れ臭そうな表情。吉田は「僕とソッシーが、最初撮っていたんですけど、ちょっと遅れて松嶋さんが入ってきた。初めて会った気がしないくらいフランクな方で驚きました」と松嶋についても、その構えず飾らない人柄を絶賛していた。

(取材・文:名鹿祥史)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加