最新文房具事情は? ステーショナリーフェア開催 全国47のメーカーが一堂に【岡山・岡山市】

最新文房具事情は? ステーショナリーフェア開催 全国47のメーカーが一堂に【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/07/20
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

全国約50の文房具メーカーが一堂に会する展示会が7月20日、岡山市で開かれました。コロナ禍の、最新・文房具事情を取材しました。

大人気アニメ、「鬼滅の刃」の学習帳に、コロナ禍の在宅勤務で役立ちそうなドアハンガー。

全国47の文房具メーカーが最新グッズを集めたステーショナリーフェアです。

(キングジム営業統括部 宮沢博紀主任)

「こちらがブギーボードという商品。付属のペンで液晶に書いて消せる。マグネットが付いていて冷蔵庫に貼ったりもできる。家庭でもオフィスでも使える商品。」

重さ75グラムと軽く、持ち運びやすいこちらの電子メモパッドは、コロナ禍でテレワークが増えた人に人気の商品です。

(中島悠希記者)

「コロナ禍で欠かせないマスク。こちらは耳が痛くならないように、紐がついていないんです。」

顔に直接貼り付ける「ひもなしマスク」。テープの部分は医療用のシリコンが使われていて水で洗うと粘着力が復活し、繰り返し使えるということです。

文具・事務用品の市場は、コロナ禍でのオフィス離れやデジタル機器の活用で紙離れが進んだことで縮小傾向にあります。

そうした中、各メーカーでは環境にやさしい商品や、熱中症対策など文具以外の商品開発にも知恵を絞っています。

この展示会は20日限りの開催ですが、主催者は様々な商品に目を向けてもらうきっかけになればと話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加