東京や埼玉など関東南部の空に波状雲が出現

東京や埼玉など関東南部の空に波状雲が出現

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2020/10/16
No image

2020/10/16 11:09 ウェザーニュース

今日16日(金)は関東では雲の多い空模様となっています。
東京や埼玉などでは雲が波打つように見える「波状雲」が現れています。

波状雲は天気下り坂のサイン

No image

大気の波によって空気が動かされ、雲が発生しやすい湿度や気温の部分にだけ雲ができます。そのため、ナミナミとした形の雲になり、「波状雲」という名の由来になっています。

低気圧が接近してくる過程で見られることがあるので、天気が崩れる予兆としてみることが出来ます。

晴れても長続きせず

今日は一時的に青空が見える時間もあるものの、午後も雲の広がりやすい状況が続く予想です。

いま見られている雲の隙間がなくなって、だんだんと雲が厚く・低くなってくると、雨が降り出す可能性があります。

逆に隙間が大きくなってきたり、雲の高さが高くなる、雲の一粒一粒が小さくなってくると、日が差してくるかもしれません。

今日は雨が降るかどうか悩ましい空模様ですので、空に見える雲の変化を観察してみてはいかがでしょうか。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加