広島 4連敗で今季最多借金9 五回途中8失点降板の野村に佐々岡監督「厳しい」

広島 4連敗で今季最多借金9 五回途中8失点降板の野村に佐々岡監督「厳しい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/13
No image

5回裏、ソフトバンクの攻撃が終わり、ベンチ前で引き揚げてくるナインを出迎える野村。中央奥は途中リリーフした菊池保=撮影・立川洋一郎

「ソフトバンク8-4広島」(9日、ペイペイドーム)

広島は引き分けを挟んで今季2度目の4連敗を喫し、借金が今季最多の9に膨らんだ。先発した野村は4回2/37安打8失点で4敗目を喫した。試合後の佐々岡監督の一問一答は以下の通り。

-五回、野村は粘ってほしかった。

「100球近くなって、打順も3巡目。そこの壁がずっと、なかなか破れない。1回でも長く投げてほしい中で、切れ、コントロールで投手する投手が、甘く入ると打たれてしまう」

-次回登板については。

「この現状では厳しいかなと思います」

-2軍のことになります。新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた九里が実戦復帰した。5回無失点だった。

「亜蓮らしい球、しっかり投げ切れているという報告は来ている。あしたの体調をみて判断します」

-状態が良ければ1軍へ。

「その可能性は十分にあります」

-離脱して悔しい思いをしていると思う。

「コロナになったけど、体調はそこまで悪くなっていないと聞いている。チームの中心としてやってきて、こういう状況で離れて悔しい思いをしていると思う」

-3月に右膝の手術を受けたフランスアも実戦復帰した。

「フランスアはまだ1試合目。調子を上げるまではね。しっかり2軍で投げてもらいます」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加