『越後妻有 大地の芸術祭 2022』が開幕 新潟・越後妻有地域にて、2022年11月まで

『越後妻有 大地の芸術祭 2022』が開幕 新潟・越後妻有地域にて、2022年11月まで

  • SPICE
  • 更新日:2022/05/14
No image

『越後妻有 大地の芸術祭 2022』が、2022年4月29日(金)から11月13日(日)まで、越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町)にて開催される。第8回展となる今回は、333点(うち新作123点)もの作品が里山に点在し、季節のうつろいを感じながらアート作品と里山の魅了を体感することができる。

『大地の芸術祭』は、2000年より開催されている世界最大級の国際芸術祭。日本有数の豪雪地・新潟県の越後妻有地域を舞台に、農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊かに残っている地域で、1年を通して自然の中に作品を展開。「人間は自然に内包される」を基本理念に掲げ、自然を大きく活用した野外彫刻作品や、廃校や空家、トンネルを丸ごと活用した作品など、地域を切り拓いて生まれた作品が展示される。

本芸術祭を楽しむために欠かせない「作品鑑賞パスポート」は、7月29日(金)まで「早期割」価格で販売中。現地販売はもちろん、大地の芸術祭HPやイープラスでオンライン(引換券)購入もできる。7月30日(土)以降は一般料金で販売。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加