「後悔しないようにやった」前年準優勝の駒田唯衣が女子シングルス制覇 [第40回全国小学生]

「後悔しないようにやった」前年準優勝の駒田唯衣が女子シングルス制覇 [第40回全国小学生]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/08/07
No image

公益財団法人日本テニス協会(JTA)が主催する「第39回第一生命全国小学生テニス選手権大会」(東京都杉並区・武蔵野ローンテニスクラブ、東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/8月18~21日/クレーコート)は大会最終日を迎え、男女シングルスの準決勝と決勝が行われた。

6-1 6-1、4-1 4-1、4-1 4-0、6-0 6-0、6-0 6-0。1回戦から準決勝までの駒田唯衣(一宮市立千秋東小学校6年/愛知)のスコアだ。準優勝した昨年からさらに力をつけ、圧倒的な強さで勝ち上がってきた。その駒田が決勝では、今大会一度も経験しなかった窮地に陥る。

佐脇京(渋谷区立富谷小学校6年/東京)はそれまでの相手と異なり、コートの左右だけでなく、ロブによる高低差、ドロップショットで前にも走らせるなど、揺さぶってきた。第1セット3-5とリードされ、今大会で初めてその表情に焦りが見えた。

それでも「3-5だからまだ可能性はあると思ってプレーした」と冷静かつ積極的なプレーで6-6に持ち込み、タイブレークを7-3で制した。

No image

佐脇は相手のセカンドサービスが甘くなると、両手打ちフォアの強打で仕留めた

逆に佐脇はこのときのプレーを悔やんでいる。「相手が弱っていたときに仕留めきれなかった。自分も少し消極的になってしまった」

第2セットでは駒田が3-0リードから2ゲーム連取を許し、もつれるかと思われたが、そこからふたたび3ゲーム連取で優勝を勝ち獲った。試合中、ほとんど表情を変えない駒田が試合後に話を聞いたときは少しだけ緩めた。

「ほっとする気持ち、解放感、両方ともあった。また準優勝だったら凄い悔しいし、後悔しないようにやった」

駒田は昨年も5試合連続ストレート勝ちで決勝に進みながら、決勝では1セットオールに追いついたところで集中を切らし、0-6で敗れていた。1年間抱えてきた悔しさをようやく解消できたようだ。

一方、多彩なショットと両手打ちフォアの強打を武器に勝ち上がってきた佐脇も充実の表情を見せた。

「相手を前後に動かす自分のプレーができたのはよかったけど、“ここ!”というポイントやゲームで自分から決めきれなかった。この決勝は残念だけど、今大会は凄く楽しかったし、自分のやるべきプレー、次に繋がるプレーができた」

No image

試合後、佐脇がネット越しに駒田へボールを渡す

優勝スピーチでは、駒田が自分を苦しめた佐脇にメッセージを送った。

「佐脇京さんは、ドロップショットや回り込みのフォアがとてもパワフルでした。また全日本(ジュニア)の決勝で会いましょう」

まったく異なるタイプの2人は今後もお互いを刺激し合いながら成長していくだろう。

--{今大会3位で終えた西脇美結と羽生田杏}--

No image

「準決勝で負けてしまったけど、自分のテニスができて良かった。負けているときでも諦めずに食らいついたのが自分の中ではよかった。自分からのミスを減らして、物語をもっとうまく作っていきたい」と今大会を振り返った西脇美結(大阪/富田林市立久野喜台小学校6年)

No image

「ベスト8が目標でベスト4まで行けたのは良かったけど、もっと勝てるように練習したい。課題はセカンドサービスを打ち込まれないようにすること」と大会を振った羽生田杏(草加市立長栄小学校6年/埼玉)(写真◎真野博正)

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加