子どもで溢れた市民館 行列イベントも〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

子どもで溢れた市民館 行列イベントも〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

幸市民館(幸区戸手本町)で9月17日、「子どもたちが楽しく遊べる居場所作り」を目的に「第7回市民館ジャック」(主催・幸区地域教育会議/川崎市教育委員会)が開催された。新型コロナの影響で中止や規模縮小開催があり、全館使用の実施は3年ぶり。

午前10時の開始とともに多くの親子連れが訪れた。子どもだけで運営したスノードーム制作やUVレジン制作は大人気で30分ほどで受付終了。ダンボール迷路には順番待ちの行列ができた。

大ホールのステージではチアリーディング、ヒップホップダンス、モダンダンス、フラダンス、クラシックバレエ、和太鼓演奏、吹奏楽などが披露された。

同イベントは子ども企画スタッフとサポート役の地域教育会議の大人で実行委員会を組織し運営。4月から月1回のペースで企画会議を重ねてきた。実行委員長を務めた斉藤拓心(たくみ)さん(16)は「子どもたちで何がやりたいか、何が実現できるのか、意見を出し合って考え、決定していくのは楽しい。準備したものが当日形になったときの達成感はたまらない」とやりがいを語った。

塚越から父親と遊びに来た岸勇希さん(5)は「ボッチャでパパに勝って楽しかった。小学生になったらお手伝いもしたい」と満喫していた。

No image

【1】大人気のダンボール迷路【2】人で賑わう市民館ロビー【3】ボッチャ体験【4】焼きそば販売を手伝う当日スタッフ【5】ステージでのパフォーマンス【6】斉藤実行委員長

タウンニュース川崎区・幸区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加