ロッテ・佐々木朗希「試合を作ることができてよかったです」自己プロ最長6回1失点

ロッテ・佐々木朗希「試合を作ることができてよかったです」自己プロ最長6回1失点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

ヤクルト相手に6回1失点の好投を見せた佐々木朗(撮影・開出牧)

「ロッテ-ヤクルト」(10日、ZOZOマリンスタジアム)

ロッテの佐々木朗希投手(19)が3度目の先発となるヤクルト戦でプロ最長6回を投げ4安打1失点も2勝目はお預け。球速はプロ最速155キロをマーク。「試合を作ることができてよかったです。次の登板でも頑張ります」とコメントした。

初回は1死から青木をこの日最速の155キロの直球で見逃し三振。山田も155キロで遊ゴロ。二回に村上に右中間ソロを浴び、プロ初被弾を浴びたが、三回は塩見を遊ゴロ、青木を右飛。山田を変化球で空振り三振。四回も無失点に抑え、五回に2死二塁では山田を遊ゴロに仕留め、安どの表情でマウンドを降りた。

六回は先頭村上に四球を与えたが、オスナ、サンタナ、中村を抑え、捕手の柿沼と会話を交わしながら、笑みを浮かべマウンドを降りた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加