クリレスHD Research Memo(6):17/2期は増配の1株当たり配当金13.0円を予定している

クリレスHD Research Memo(6):17/2期は増配の1株当たり配当金13.0円を予定している

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

■株主還元

クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>は、業績や今後の事業展開等を勘案し、連結配当性向30%程度を目安として安定的な配当を行うことを基本方針としている。2017年2月期は1株当たり1.33円増配の年13.0円配(分割調整後)を予定している。同社の中期経営計画に基づけば、今後も積極的な事業展開による高い成長率を見込んでいるため、中期的にも利益成長に伴う増配の余地は大きいものと考えられる。

同社は、流動性の向上などを目的として、2016年2月29日を基準とした株式分割(1:3)を実施した。また、それに合わせて、2016年8月31日を基準とした株主優待制度の拡充も発表した。8月末と2月末の年2回を基準として、100株以上500株未満の株主に3,000円分(年間6,000円分)、500株以上1,500未満の株主に6,000円(年間12,000円)、1,500株以上4,500株未満の株主に15,000円(年間30,000円)、4,500株以上の株主に30,000円(年間60,000円)の食事券を贈呈する内容となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
超極暖!ユニクロ史上最も暖かいヒートテック「ウルトラウォーム」
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加