Oracle、Java SE JDK/JREなど4月のクリティカルパッチアップデート公開

Oracle、Java SE JDK/JREなど4月のクリティカルパッチアップデート公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/04/17
No image

JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月17日、米Oracleが4月16日(現地時間)に複数の製品に対するクリティカルパッチアップデートに関する情報を公開したことを受け、「2019年 4月 Oracle 製品のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」を発行した。

クリティカルパッチアップデートは、複数の脆弱性を修正するパッチをまとめたもの。対象の脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によってアプリケーションが不正終了したり、任意のコードが実行されたりするなどの恐れがあるという。

パッチに含まれている主な製品とバージョンは次の通り。

Java SE JDK/JRE 11.0.2 およびそれ以前

Java SE JDK/JRE 12

Oracle Database Server 11.2.0.4

Oracle Database Server 12.1.0.2

Oracle Database Server 12.2.0.1

Oracle Database Server 18c

Oracle Database Server 19c

Oracle WebLogic Server 10.3.6.0.0

Oracle WebLogic Server 12.1.3.0.0

Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.0

Oracleからは各製品に対して、修正済みソフトウェアが公開されているので、該当の製品を利用している場合は速やかにアップデートすることが望まれる。Java SE、Oracle Database および WebLogicについては、次のバージョンが公開されている。

Java SE JDK/JRE 11.0.3

Java SE JDK/JRE 12.0.1

Oracle Database Server 11.2.0.4

Oracle Database Server 12.1.0.2

Oracle Database Server 12.2.0.1

Oracle Database Server 18c

Oracle Database Server 19c

Oracle WebLogic Server 10.3.6.0

Oracle WebLogic Server 12.1.3.0

Oracle WebLogic Server 12.2.1.3

Oracleによると、既に公式アップデートを終了している Java SE JDK/JRE 7 および Java SE JDK/JRE 8 も脆弱性の影響を受けるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドライブレコーダーでしっかり記録映像を! ドライブレコーダ売れ筋ランキング
無線LAN機器を変えるだけでネット回線高速化! 今売れている無線LAN製品TOP10!
Windows 10ミニTips 第370回 新しいMicrosoft EdgeにGoogle Chromeのテーマを適用する
自分の顔が森になる!? サントリーの“自撮り”をトリガーとした環境保護啓発施策
平成を生き延びられなかったインターネットの象徴たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加