カシオから新たなタフネスデジカメ「G’z EYE」が登場

カシオから新たなタフネスデジカメ「G’z EYE」が登場

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/10/11
No image

「GZE-1」

カシオ計算機は10月11日、エクストリームスポーツ用のデジカメブランド「G’z EYE(ジーズアイ)」の第1弾として耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えた「GZE-1」を発表。10月27日に発売する。

高さ4mからの落下に耐える耐衝撃性能、50m防水やIP6X防塵性能、-10度の耐低温性能を備えるタフネスデジカメで、静止画であれば190.8度、動画であれば170.4度の超広角レンズ(パンフォーカス)を搭載する。

No image

左より、スマホアプリ、リモコン、液晶リモコン、PRO TREK Smart「WSD-F20」

撮像素子は1/2.3型CMOSで総画素数2114万画素。静止画は3008×2256ドット、動画は1920×1080ドット/30fpsを撮影可能。BluetoothとWi-Fiを搭載し、専用アプリをインストールしたスマホまたは別売の液晶リモコンから操作する。また、同社のアウトドア向けスマートウオッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」とも連携でき、ウオッチ側でモニター確認やシャッターなど簡単な操作が可能。

本体サイズはおよそ幅74.1×奥行き46.4×高さ75mm、重量はおよそ172g。価格はオープンプライス。

■関連サイト

ニュースリリース

カシオ計算機

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 折りたたみPCスタンドや600円台のVRゴーグルが登場
iPhoneのバッテリー残量、何パーセントになったら充電する?
東芝メモリ買収に「失敗」した鴻海、実は圧倒的に有利な立場だった
世界初公開のPCケースに話題騒然のSilverStone新製品発表会
オートバックスセブンが360度全方位を撮影・記録・表示できるドラレコ『PIXYDA PDR600SV』を発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加