最新ランキングをチェックしよう
日本調剤、社長の年間報酬は7億円...薬局は「儲けすぎ」なのか?

日本調剤、社長の年間報酬は7億円...薬局は「儲けすぎ」なのか?

  • Business Journal
  • 更新日:2017/12/16

院外処方は、なぜ院内処方の3倍の技術料なのか――。国策として進められてきた医薬分業に疑問の声があがっている。2018年度の診療報酬改定に向けて議論は大詰めを迎えているが、「儲けすぎ」「不正の温床」という批判の声があがっている薬局業界にとっては、厳しい改定になりそうだ。
 受診した医療機関でそのまま薬を購入することを「院内処方」、医師が交付した処方箋を持って薬局に行き、そこで薬を購入することを「院外

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「カンパニー制」が大失敗する3つの条件
ホンダの顔、新型『シビック』が降臨!日米で「OTOKOMAE」な走りを味わってきた
史上最強のシボレー コルベット、新車価格の約10倍で落札...量産第一号車をオークション
リニア談合で東京外環道の工事中止...今年、中国人がタワマン一斉売却で不動産バブル崩壊か
12月のコンビニ来店客数 1.6%減、22か月連続のマイナス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加