楽天松井裕「マー君ツーシーム」で侍日本返り咲きだ

楽天松井裕「マー君ツーシーム」で侍日本返り咲きだ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

契約更改を終え「40セーブ」を目標に掲げた松井裕(撮影・中島郁夫)

17年は「マー君ツーシーム」を武器に加えて、侍ジャパンへ返り咲く。楽天松井裕樹投手(21)が11月30日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2500万円増の年俸9000万円(推定)でサインした。会見では今オフにヤンキース田中らと行う合同自主トレで、新球ツーシームを学びたいと明かした。「球数を減らすために、田中さんから動かすボールを学びたい。理想は最初の2人を1球で打ち取って、最後は3球三振」と決意を伝えた。

再び40セーブを目標に定め、代表守護神の座をにらんだ。今季は春キャンプで出遅れた影響から前半戦だけで3敗。58試合を1勝4敗30セーブ、防御率3・32で終え、11月の日本代表強化試合も選出見送りとなった。「野球をやっている以上、トップチームは常に憧れ。今年の成績ではダメ。呼んでもらえる選手になりたい。2~3イニングを投げられるように」と、新球を切り口に進化を誓う。

同時に全体の筋肉量を増やし、下半身主導の投球を染みこませていく。「1年間けがなく投げ続けて、最終的に優勝の瞬間のマウンドにいたい」。40セーブ達成なら高卒投手最年少100セーブにも到達。守護神3年目を最高の年にする。【松本岳志】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
注目の巨人のプロテクト 前回の人的補償から見るポイントは?
ロッテ・田村が2240万増の5000万円でサイン
各球団発表、12月2日の契約、退団、育成契約、入団テスト合格は?
山口俊、身も心も巨人色!DeNA断ち切って断髪&ヒゲそった
山口と森福が巨人入りへ! 過去FAで加入した投手陣を振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加