米投資銀行、Appleの業績を予測〜サービス部門の成長ぶり際立つ

米投資銀行、Appleの業績を予測〜サービス部門の成長ぶり際立つ

  • iPhone Mania
  • 更新日:2020/01/28
No image

Appleによる2020年度第1四半期(2019年10月〜12月)の決算報告を目前に控え、投資銀行JP MorganがAppleの業績展望を公開しています。

Apple WatchやAirPods牽引

JP Morganのアナリスト、サミック・チャタジー氏によれば、2020年度第1四半期で注目に値するのは、Apple WatchやAirPodsの売れ行きとサービス部門の成長ぶりだそうです。

チャタジー氏は、Apple WatchとAirPodsの売れ行きが予想されているよりも良い可能性があるとし、Appleの収益予測である855億ドル〜895億ドル(約9兆3,200億円〜約9兆7,580億円)に対し、887億ドル(約9兆6,700億円)と予測しています。

887億ドルの内訳は、iPhoneが497億ドル(約5兆4,170億円)、iPadとMacがそれぞれ73億ドル(約7,960億円)、サービス部門が129億ドル(約1兆4,060億円)、ウェアラブルやアクセサリが116億ドル(約1兆2,640億円)で、売上総利益(グロスマージン)は売上全体の38%と見積もられています。

またサービス部門の売上総利益は、同部門売上高の64.5%を占めると予測されており、改めて利益率の高さを窺わせる内容となっています。事実、サービス部門の成長は近年目覚しく、チャタジー氏も1年前の第1四半期と比べ、18%成長すると見込んでいます。

今の株価は投資家の期待が先行?

Appleの株価は大台の300ドルを突破、1年間で約2倍、1カ月前(2019年12月27日)と比較しても約10%近く上昇しています。ただし、チャタジー氏は最近の急騰ぶりに警戒を強めています。

現状は投資家の思惑が先行しており、四半期決算が発表された後に、過剰な期待が剥落する可能性もあると見ているようです。したがって株価目標も300ドル(約32,400円)と、Bank of Americaの340ドル(約36,720円)や、Wedbush証券の350ドル(約37,800円)と比較すると控えめな数字となっています。

Source:AppleInsider
(kihachi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Apple、AirPodsシリーズの接続・カスタマイズ方法を動画で解説
見た目はノートパソコン? タブレット端末いま売れているのは10.2インチiPad! タブレット売れ筋ランキング
iPhoneをSIMフリーで使えるって知ってる?購入価格相場からSIMのロックの解除方法まで徹底解説
Apple Payに「dポイントカード」対応、ローソンで7倍キャンペーン実施中
Apple、watchOS6.1.3をリリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加