No.396フランスのミネラルウォーターの選び方

No.396フランスのミネラルウォーターの選び方

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2017/12/07

日本と同じく、フランスも、水道水が飲料水として利用可能な恵まれた国のひとつです。それでも、ミネラルウォーターの消費量が非常に多いことで知られています。

今でこそ、日本でもミネラルウォーターは珍しいものではなくなりましたが、種類はやはり、フランスほどは多くないように思います。いざ、フランスでミネラルウォーターを買おうとして、どれを選ぶべきか迷った方も多いのではないでしょうか。

日本の水に近い味を求めるなら

一般的に、軟水に慣れ親しんでいる日本人に人気が高いのは、Volvic(ヴォルヴィック)、Evian(エヴィアン)などの水です。日本の水に近い味を選ぶなら、そのあたりが無難でしょう。

No image

けれども、成分で選ぶなら、求めるものによって選択は変わってきます。雑誌 Avantages の記事を参考に、紹介しましょう。

便秘の時は

旅行、しかも時差のある海外旅行となると、悩まされやすいのが、消化器系の問題です。特に女性が陥りやすいのが、便秘問題。そういう時は、下剤にも使われる硫酸マグネシウムを多めに含んでいるHépar(エパール)がおすすめ。

No image

肉体疲労を感じるとき

観光は時として体力勝負。スポーツをしたのと同じくらい疲れることも。特に暑い季節は、水分補給がかなめとなります。そういう時は、ミネラル成分の多いContrex(コントレックス)やCourmayeur(クールマイヤー)、またガス入りミネラルウォーターが良いようです。

ダイエット中は

旅行中は、外食続きになりますから、ダイエット中ということはないかもしれませんが、念のために書いておくと、ダイエット中最も不足しやすいのはマグネシウムとカルシウム。それらを補給するには、Contrex(コントレックス)、Rozana(ロザーナ)、St-Yorre(サン・ヨール)がおすすめだとか。
もちろん、Perrier(ペリエ)やSalvetat(サルヴェタ)、San Pellegrino(サン・ペルグリノ)、Badoit(バドワ)などのガス入りミネラルウォーターもカルシウムを多く含みます。

No image

次にフランスでミネラルウォーターを買うときは、ぜひ参考にしてみてください。

(冠ゆき)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あなたは何タイプ? お酒の強さがDNAレベルでわかる
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
LINE“送信取消”は全然ダメ!誤爆を防ぐにはむしろこの設定
東京のベンチが「意地悪過ぎる」座ることも許されない!と話題に!実は...
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加