愛犬を放っておいてあげてほしい5つの瞬間

愛犬を放っておいてあげてほしい5つの瞬間

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2017/08/11
No image

犬にも自分の時間が必要です

No image

私たち人間も、寝ている時や好きなことに熱中しているときなど、「邪魔されたくない瞬間」がありますよね。犬も同じです。犬は人間のおもちゃではありませんし、犬の気持ちやタイミングを尊重した付き合いをしなければいけないと思います。
そこで今回は、構いすぎを防いでワンちゃんたちがストレスなく過ごせるように、「放っておいてあげてほしい瞬間」を一緒に確認していきましょう!

放っておいてあげてほしい瞬間

No image

寝ている

これは分かりやすいと思いますが、犬がスヤスヤと熟睡しているときは放っておきましょう。犬は1日平均15時間程度は寝ている動物です。人間が犬と遊びたいからと言って、こちらから寝ている犬を起こしたりするとストレスになります。犬が自ら寄ってきた時にたくさん一緒に遊びましょう。

ごはんを食べている

犬にとって1日の中でごはんの時間はとても楽しみな時間です。特に食べることが大好きで食に執着の強いワンちゃんの場合、ごはんを食べている最中に邪魔をされると強いストレスを感じるでしょう。犬がごはんやおやつを食べている最中には、取り上げたり、名前を読んだり、ちょっかいをかけたりするのは止めてあげましょう。また、ごはんを与える直前に長い間「マテ」など行動を抑えることをさせるとストレスを強く与えてしまうので控えた方が良いです。

首をかく

カーミングシグナル(犬の発するボディランゲージのようなもの)の1つで、「緊張しています」「いやだな」「落ち着きたいな」などを表す仕草です。ただ単に首が痒い場合もありますが、あなたが何か犬に対してアクションを起こして首を掻く場合、「放っといてほしい」ことを表しているのでしょう。このようなシグナルを日々観察して、愛犬が嫌がることを覚えてやらないようにすれば、愛犬とさらに良い関係が築くことができるでしょう。

あくびをする

こちらもカーミナルシグナル(犬の発するボディランゲージのようなもの)の1つで、「自分や相手を落ち着かせよう」とするときにする行動です。嫌なことをされていたり、放っておいてほしいけど自分を落ち着かせて我慢しようとしていると思われます。相手に対して怒らずに対処しようとしていることがとても賢いですよね。一見「眠たいのかな?」と思いますが、犬にとってのあくびの意味をよく理解し、犬のあくびを引き起こす行動は止めてあげましょう。

避難場所にいる

ハウスや静かな場所など、犬にとっての避難場所にいるときはそっとしておかなければいけません。ハウスや静かな場所にいるときにこちらから構うと、家庭内で犬が休まる場所がなくなってしまいとても疲れてしまうのですぐにやめてあげましょう。

まとめ

No image

いかがでしたでしょうか?犬を放っておいてあげてほしい瞬間を5つご紹介してきました。あなたも知らず知らずのうちにやってしまっている行動はありましたか?
犬が日々ストレスを感じながら過ごしていると、様々な問題行動を引き起こす原因となります。私たち飼い主が意識して愛犬がリラックスできる時間を邪魔しないようにして、穏やかな日々を過ごさせてあげることが大切ですね。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

【オシャレには鈍感?】犬はボーダーやストライプが苦手らしい

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
ミニレッキス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キラキラネーム、みんなの思い「親のせいで一生苦しむ」「親の愛情が反映されている」
なぜ「熟女AV」は今もなお売れ続けているのか? アダルトビデオメーカー美人広報がその要因を分析
「ステージ4の肺がん」宣告受ける数時間前の写真をFacebookに投稿した英女性
「後ろの座席から女性の足が見えているんだけど...どうすべき?」飛行機で遭遇した珍事
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加