VW ゴルフ ヴァリアント にも改良新型...新エンジン搭載

VW ゴルフ ヴァリアント にも改良新型...新エンジン搭載

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

欧州の自動車大手、フォルクスワーゲンは11月中旬、『ゴルフ ヴァリアント』の改良新型モデルを欧州で発表した。

今回、フォルクスワーゲンは、デビューからおよそ4年が経過した現行『ゴルフ』シリーズに、初の大幅改良を実施。外観はフェイスリフトを受け、新デザインのフロントバンパーやデイタイムランニングライトを組み込んだヘッドライトを採用。従来のキセノンは、フルLEDに変更する。

リアは、フルLEDテールランプとバンパーが新しい。また、ゴルフ ヴァリアントには、オプションでディフューザー一体デザインのクロームトリムパネルを新設定。これは、『パサート ヴァリアント』と同様のデザインとした。

インテリアは、ドライバー正面のメーターを、デジタル方式の「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」に変更。12.3インチのディスプレイには、速度やエンジン回転数だけでなく、ナビ画面も表示できる。また、ダッシュボード中央のモニターも、従来の6.5インチから、クラス最大級の9.2インチの新デザインに変更。ジェスチャーコントロールにも対応する。

パワートレインでは、直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンが、「Evo」に進化。最大出力は150ps、最大トルクは25.5kgmを引き出す。気筒休止システムや6速から7速に進化したDSGの効果もあり、欧州仕様の燃費は20.4km/リットルと、燃費性能を引き上げている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル『インプレッサSPORT/G4』
冬ボーナス、中小企業は平均27万7,086円 - 昨年に比べ改善
  • このエントリーをはてなブックマークに追加