SIMフリーで通話機能を持つスマートウォッチ「Nanite」は1万円以下!

SIMフリーで通話機能を持つスマートウォッチ「Nanite」は1万円以下!

  • Techable
  • 更新日:2017/08/15
No image

スマートウォッチといえば、もともとスマートフォンの補助的存在として出発したが、最近ではスマホと連携させずに使える独立タイプが増えてきている。

このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Nanite」もSIMフリータイプ。スマホと連携させなくても通話やメッセージができ、心拍・歩数モニターやスピーカーの機能も搭載している。

・Andoroid OS搭載

もっとも、開発を手がけたカナダのスタートアップ「Ghost Technologies」は、Naniteをスマートウォッチではなく「マイクロスマートフォン」と位置付けている。

つまり、スマホ並みの能力を保有しているということだが、実際NaniteはAndroidのOSを搭載し、SIMカードを使って通話やメッセージができる。マイクロSDカードのスロットも備えている。

・スマホとペアリングも

No image

独立タイプではあるが、スマホ(iOS、Android)とのペアリングも可能なので、スマホにかかってきた電話をNaniteでとったり、スマホの音声アシスタント機能を使うこともできる。加えて、もしスマホをなくしたら、Naniteを操作してスマホの音を鳴らして探すことも。逆の場合もしかりだ。

そのほか、スマホのシャッターリモコン、Bluetoothスピーカー、心拍&運動量トラッカーとして使えるのも便利そう。

・ウォッチのように手首に

No image

Naniteのサイズは48×37×10ミリメートル、重さ30グラム。スマートウォッチのように手首につけて使えるよう専用のストラップ(別売)も用意されている。

Kickstarterでは現在、99カナダドル(約8500円)の出資で入手できる。ストラップはシリコン製が10カナダドル(860円)、スティール製だと15カナダドル(約1300円)。日本への送料は60カナダドル(約5200円)で、出資期限は9月8日となっている。

Nanite/Kickstarter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Google検索が10倍便利になる裏ワザ【上級編】
液晶タブが壊れちゃったので「Microsoft Surface Studio」にアップグレードしてみた
日本初「ドライブスルー葬儀場」2017年内登場 葬儀の「簡素化」が求められるワケ
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 1,000円以下で買えるスマホ関連アイテムや、人気のフィジェットアイテムなどが登場
【ビデオ】トヨタ40系「ランドクルーザー」に現代的な装備を加え新車同様にリビルドしたモデルを、米国FJカンパニー社が発売!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加