森星、念願叶うも「ケンカ中」 美へのこだわり明かす

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/12/02

森星尾野真千子/モデルプレス=12月1日】モデルの森星と、女優の尾野真千子が1日、都内で行われた「THE BEST BEAUTIST AWARDS 2016」授賞式に、リオデジャネイロ五輪柔道女子70キロ級金メダルを獲得した田知本遥選手とともに出席した。

No image

(写真 : 森星(C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】ミニドレスで圧巻の美脚を披露した森星

同賞は、様々な分野で活躍する女性たちの中で“美を通じて世の中の人々に共感され、“今年もっとも輝いた女性”に授賞。今年はベストビューティスト賞に尾野、ブレイク賞に森、特別賞に田知本選手が選出された。

◆念願の受賞も「ケンカ中」

ブレイク賞を受賞したことについて、「私が達成したい目標を書くドリームブックがあって、1年ごとに更新するんですけど、それに『BEAUTIST AWARDS』って書いてあったので、まさにドリームカムトゥルー!すごく嬉しいです」と顔をほころばせた森。「さっきマネージャーさんは『事務所に飾る』って言っていたけど、私は『家に飾る』って言って、今ちょっとケンカ中(笑)。どこに飾られるかは、後ほど報告いたします」と打ち明けて笑いを誘った。

また、日ごろから心掛けている美へのこだわりを聞かれると、「1番、外面に出るのって内側からのハピネスだと思うので、あまりストレスをため込めないように気を付けたり、悩んだら人に話すとか、自分のストレスを除去するようには心掛けています」と紹介。「小さなことに幸せを感じるようにすると、内側からハッピーになって、自然と肌もキレイになっていたりするので、それは心掛けています」と語った。

◆森星「これからどんどん大人に」

さらに、今年1年は充実していたという森は「1番大きかったのは学生じゃなくなったこと」と告白。「大学を3月に卒業して、それこそ今日いるスタッフさんに私の同級生が働いていて、卒業した2人が一緒に働く場所があることが幸せですし、これからどんどん大人になっていくんだなと実感できたことが大きかったですね」と声を弾ませた。

来年の抱負を聞かれると、「やりたいことがいっぱいあって、女性としてさらにブラッシュアップして、内面も外面の美しい女性であり続けたいですし、今やっている仕事でも中途半端にならないように、どんどん一生懸命、目の前にあることをこなしていきたいです」とコメント。「表に出る仕事はもちろん、モノづくりだったり、内から出た何かを物にする仕事にも就いてみたいので、それに向けて修行もしてみたいです」と打ち明けた。

◆尾野真千子に羨望の眼差し

一方、ベストビューティスト賞を受賞した尾野は「とても嬉しいです。こういう“ビューティーなんちゃら”というものに縁がなかったので、35歳という節目にこういう賞をいただけて、これからも頑張って行こうって思わせてくれました」と歓喜。これまで数々の女優賞をしているが「すごく緊張するんです。立ち方どうしようとか、腕に何か塗ったほうがいいのか、いろいろ森さんに学びたい感じです」と吐露して報道陣を沸かせた。

続けて、美の秘訣を聞かれると「芝居をやっていることが秘訣なんだと思います」と言い、「キレイになるというよりは、芝居で自分をどれだけ汚せるかということを、いつも思っていまして、それが逆に芝居が輝くと思っているので、こんな賞をいただいたのに悪いんですけど、いつもどれだけ自分を汚せるかということを考えています」と紹介。森は「今、鳥肌立っちゃいました。すごくカッコいいことをおっしゃっていて」と羨望の眼差しで尾野を見つめた。(modelpress編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
コカイン報道で引退の成宮寛貴が隠したかった”恋人の存在”
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
【大炎上】成宮寛貴さんの引退で『FRIDAY』のTwitterアカウントに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」
成宮寛貴、芸能界引退...ダウンタウン松本の「下手したら廃刊」発言が批判の矛先に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加